このページの先頭です

借金を家族にバレないよう完済する方法まとめ

152views

投稿日:

借金を家族にバレないよう完済する方法

消費者金融や銀行カードローンなどの消費者金融からお金を借りている方も多いですが、その中でも家族がいるという場合はそちらを話すことができないという方もいるはずです。

バレない内に返済をしたいと考える方も多いですが、バレずに完済をしている方もいるのも事実です。

関係性の悪化

お金を借りていることがバレてしまうと関係が悪くなる場合もあるため、そうならないためにもバレずに完済する方法について知っておいたほうが良いでしょう。

まずは借金をしていることがバレてしまうパターンを知り、そちらでバレてしまわないように気を付けて返済を続けていきます。

催促の電話がかかってきた場合の対応

どこの金融業者でも返済日に返済できないでいると電話がかかってきますが、こちらでバレてしまう可能性があります。

ほとんどの方は自分の携帯電話の番号を連絡先にしていますが、会話の内容によってはバレてしまう可能性もあるため、催促の電話がかかってきた場合は出来る限り自宅で電話をせずに、外に行ってから話をしたほうが無難となります。

再度催促の電話がかかってこないようにするためには、何日までにお振込みできるかを伝えて、そちらの日にちまでに返済を済ませるようにしていきます。

もし電話に出られない場合や、放置してしまった場合は自宅の電話番号か会社の電話番号まで電話が行く場合もあるため、消費者金融から電話がかかってきた場合は必ずでることを心がけます。

電話番号を消費者金融の名前で登録してしまうと、通話履歴や携帯電話の画面からバレてしまう恐れがあるため、登録する名前も違う名前で登録をするようにします。

バレやすい注意点

催促の手紙から借金がバレる

返済を放置してしまい、自宅にも会社にも電話がかかってこない場合もありますが、催促の手紙が届くこともあるため、そちらも要注意となります。

催促の手紙以外も返済が滞納している場合は内容証明郵便が届いてしまいます。

こちらは赤い文字で内容証明郵便と書かれているためすぐに家族にバレてしまいます。

こちらも放置してしまうと裁判を起こされてしまうため、確実に借金をしていることがバレてしまいます。

銀行振り込みの返済で借金がバレる

返済方法も色々とありますが、バレてしまいやすいものとしては銀行振込となります。

銀行振込では自分以外の誰かが口座を確認してしまうとお金を借りていることを知られてしまうため、返済方法はATMからにするようにします。

ATMで返済をすると利用明細が出てきますが、こちらも必ず捨てて証拠を隠滅するようにします。

金融業者のカードの保管に注意

利用している金融業者のカードを見られてしまってバレることもあり、カードの保管も注意しなければなりません。

お財布に入れておくと、バレてしまうこともあるため、見られてしまうことがない場所に保管するようにしていきます。

責務整理

債務整理をして返済額を減らす

借金をやりくりして返済しようとしても、どうしようもない場合もありますが、そちらの場合でも家族にバレてしまわないように完済することができます。

方法としては債務整理を行い、返さなければならない金額を減らすことです。

債務整理は弁護士に依頼をしなくても自分で行うことができますが、あまり知識がない方が行おうとしても失敗してしまう可能性が高いため、必ず弁護士や司法書士に依頼をするようにしましょう。

債務整理は専門知識のある弁護士に依頼しましょう

弁護士と司法書士のどちらに依頼したほうが成功する確率が高いのかというと、弁護士のほうが成功する確率は高くなっています。

理由としては、司法書士はお金のトラブルに関してはあまり専門ではないためとなります。

弁護士に依頼をして債務整理を行った場合は、その方に無理のない額まで返済額を減らす手続きを行ってくれて、残った借金に関しては3年から5年以内で完済することができるようにしていくれます。

債務整理以外にも自己破産や個人再生などで返済額をどうにかすることも可能ですが、これらは裁判所に行って手続きを行うため、家族の方に確実にバレてしまいます。

債務整理を行うことで利用している金融業者の催促の電話や手紙が来なくなるため、そちに関しては安心して良いでしょう。

ただ、債務整理を行ってしまうと金融業者やクレジットカードを5年から7年ほど作れなくなってしまうため、そちらは把握してしておきましょう。

債務整理の手続きに必要な期間と必要な物

債務整理の手続きにはどのくらいの期間を要するのかというと、手続きを始めてから大体3ヶ月から6ヶ月ほどとなります。

債務整理の手続きに使用するものとしてはいくつかあり、身分証明書や住民票、源泉徴収票、印鑑、借金の残高がわかるもの、金融業者のカードなどが必要となるため、入手できるものがあれば早めに手に入れておくようにします。

実際に債務整理を行った方の例としては、100万円近い借金に対して毎月10万円返済をしていたのですが、債務整理を行うことによって4万円の返済で済んだという方もいます。

どこの弁護士に相談して良いのかわからないという方もいますが、インターネットにて弁護士を紹介してくれるサイトもあり、返済額などを入力することによっておすすめの弁護士を紹介してくれるものとなっています。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です