このページの先頭です

家族にバレない?仕返しは大丈夫?債務整理のよくある疑問を解消

166views

投稿日:

借金は計画的に利用していれば怖いものではありません

大人になると、まとまったお金が必要になることがあります。しかし、その場ですぐに大金を用意することができない場合は、借金をすることになります。借金は怖いイメージがあるかもしれませんが、計画的に利用して返済のコツさえつかめば、人生を豊かにしてくれるものです。

ただし、ギャンブルなどで借金を続けていると、取り返しのつかないことになるかもしれないので注意してくださいね。

もし返済が不可能になったら債務整理しましょう

借金の返済が難しい状況になってしまった場合は、すぐに債務整理を検討してください。債務整理は、弁護士か司法書士など法律の専門家の知識を借りて借金を減額する方法です。しかし、あまり勉強をせずに行き当たりばったりで借金をしている人は、債務整理があること自体を知りません。

債務整理の存在を知っているか知らないかで人生は大きく変わりますから、よく勉強するようにしましょう。

債務整理が上手くいけば借金は大幅に減額できます

債務整理が上手くいけば

  • 金利免除
  • 半額まで減額
  • 全額免除

など、かなり大幅に減額することができます。

債務整理に関するよくある疑問

債務整理は、弁護士がほとんどの手続きを代行してくれるので、債務者の負担は少なくて済みます。しかし、やはり債務者も多少のコツや知識は身につけておくべきです。そこでここからは、債務整理に関するよくある疑問を取り上げていきます。疑問と回答を参考に、知識を深めていきましょう。

よくある疑問その1 家族に分からない様に債務整理できるという噂は本当なの?

家族に黙って借金をし続けていた債務者の場合、「債務整理をしたら家族にバレてしまうのでは?」と不安になることがあるそうです。しかし、安心してください。自己破産以外の債務整理であれば、家族にバレない様に借金の減額ができます。

自宅には債務整理の書類や連絡は届かない

債務整理した時の書類や連絡は、自宅に届かない様に配慮してくれます。家族がそれを見ない限り、バレることはありません。しかし、自己破産する場合は話が別です。自己破産をすると自宅の財産を差し押さえるために調査が入りますから、いやが応にも家族に知られてしまいます。

自己破産は返済不可能な借金にだけ適用される最後の手段なので、本当に厳しい状況でない限りは選択すべきではありません。

よくある疑問その2 借金の明細が一切ない場合は債務整理できるの?

債務整理をする場合、まずは債務者の借金状況を把握するために、借入明細などの資料を調べなければなりません。初回相談の時点で、そのすべてを債務者が持参すれば話は早いのですが、全く保管していないという人も少なくありません。

しかし、明細や資料が一切なくても大丈夫です。本格的な手続きを始めるときに、弁護士が借入先の企業に連絡を入れて、情報を開示する様に依頼してくれます。「どこの業者から借金しているのか?」だけは書き出しておく様にしてください。

よくある疑問その3 債務整理すると借入先から恨まれそうで怖い。

金融業者側の視点で考えれば、債務者が債務整理をするということは、「過去にお金を借りたんだけど、やっぱり返せないから返済額を減らしてくれる?」と言われているのと同義です。そのため、「仕返しなど怖い思いをするのではないか?」と心配する債務者がたくさんいます。しかし、誰もが知っているような大手の金融業者から借金している場合は、その心配はいりません。

もし仕返しがあるようならば、法的処置によってどうにでもなります。ただし、いわゆる「闇金」から借金している場合は少し状況が違うかもしれません。闇金は反社会的勢力が経営していることが多いため、法律などお構いなしです。もしかしたら仕返しの様な行動があるかもしれません。闇金からは絶対に借金しない様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です