このページの先頭です

夫の借金が発覚したらどうする?

93views

投稿日:

夫の借金が発覚したらどうする?

夫婦とはいっても、お互いのことを完全に把握しているとは限らないものです。

妻が家計を管理していても、夫が隠れて借金をすることもあるでしょう。

ある日突然、夫の借金が発覚したという場合、妻はどうすればよいのでしょうか?ここでは、夫の借金に関する基礎知識のほか、どういう対処法があるかについて説明していきます。

 

夫の借金は妻にも返済義務がある?

夫の借金を知りショックを受けるとともに、同時に「この借金は、自分にも返済義務があるのか?」という部分が気になるかもしれません。

夫が作った借金は、妻にも責任があるのでしょうか?答えはノーです。

夫の借金は夫個人のものであり、妻には一切関係がありません。

ですので、たとえ夫が借金返済を滞納したとしても、妻に請求が来ることはないのです。

金融業者によっては「夫婦なのだから返済するのが当然」といった態度を取るケースがありますが、応じる義務はありません。

しつこい場合は、警察などに相談することをお勧めします。

 

夫の借金で、妻に影響が出るケースとは?

夫の借金は妻とは別ですが、影響が出るケースもあります。

それは、妻が家族カードなどを使用している場合です。

家族カードでは、夫の口座から支払いがなされています。

そのため、夫が返済を滞納していると、家族カードの使用も止まることになります。

そのため、買い物をして、いきなりクレジットカードが使えないという状況が生じることがあります。

 

夫個人での債務整理は可能?

夫の借金が膨れ上がり、どうしようもないという場合には、債務整理をして借金状況を改善するという手段があります。

この場合でも、妻の収入などは関係なく、夫個人として債務整理ができます。

しかし、自己破産をするとなると、家族の資産にも影響が出ます。

夫の借金はなくなりますが、代わりにマイホームや自家用車などは没収され競売にかけられることになります。

夫が自己破産をするなら、その点を考慮せねばなりません。

さらに、夫婦でよくあるのが、妻が借金の連帯保証人になっているパターンです。

その場合、夫が自己破産すると、返済義務は連帯保証人である妻にまわってきます。

連帯保証人は、全額を一括で返済せねばなりませんので注意が必要です。

 

離婚すれば、夫の借金から解放される?

夫の借金発覚に愛想が尽きて、離婚を考えることもあるでしょう。

離婚すれば借金から解放される…と思うかもしれません。

ただ、ここで注意しなければならないのが、財産分与の問題です。

離婚の際に不動産などを売却し、夫婦で折半するのが一般的ですが、その際に借金も折半というケースがあります。

ここで重要になるのは、「夫が、どういった理由で借金をしたか」ということです。

たとえば、ギャンブルや愛人に貢いだ、贅沢品を購入したといった個人的な理由による借金であれば、財産分与には関係しません。

しかし、家族が暮らしていくための生活費を賄うために借金していたという場合は、影響が出ます。

その場合は、財産分与を請求した場合、プラスの財産のみならず、マイナスの財産を承継することになるので注意が必要です。

さらに、借金による離婚が認められるケースもありますが、絶対というわけではありません。

離婚できるかどうかは「婚姻を継続し難い重大な事由」であるのがポイントです。

つまり、単に借金が発覚しただけでは離婚は成立することは難しいといえます。

しかし、借金によって生活困窮に追い込まれて夫婦関係が破綻した…という証明ができれば、離婚できる可能性はあります。

 

夫の借金が発覚したら、まずは内容の確認を!

夫の借金は、必ずしも夫婦で背負っていかねばならないものではありません。

しかし、夫婦である限り、無視できないこともあるでしょう。

離婚をしたくなければ、嫌でも巻き込まれてしまうのが現実です。

借金返済が家計に大きく響く…という場合は、債務整理を考えてみることをお勧めします。

債務整理をすることで、月々の返済額が減少したり、返済義務から解放されることがあります。

心機一転、やり直せることもあるでしょう。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です