このページの先頭です

苦しい借金を解決できる?債務整理のメリット・デメリットまとめ

118views

投稿日:

債務整理のメリット

借金を減額できる

債務整理をする最大のメリットは借金の額を減額できることです。債務整理にはいくつかの手続き方法がありますが、最も利用されている任意整理では債権者と債務者の話し合いを通じて同意のもとで借金を減額し完済を目指します。

普通に考えれば借金の減額に債務者が同意してくれることなどなさそうに思えますが、返済計画が破綻し借金が1円も返済できなくなってしまうよりも、減額を受け入れてでも回収できる見込みがあると債務者が判断すれば任意整理の同意を得るのは難しくありません。難しそうな借金の減額ですが、法律で定められた手続きのもとで任意整理を進めれば不可能ではないのです。

借金が減額できれば返済負担は大幅に軽くなり、行き詰まっていた返済計画も完済への道筋が見えてきます。コツとしてはなるべく早めに債務整理手続きに入ることです。利息がかさんで借金総額が膨らむほど債権者の同意を得るのは難しくなります。返済が行き詰まる前に早めに専門家である弁護士や司法書士に相談してください。

取り立てをストップできる

借金の返済に追われる生活では厳しい取り立てにさらされることになります。借金を返済するのは債務者としての義務ですから取り立ては仕方のないことなのですが、連日の厳しい取り立てのストレスから心身のバランスを崩してしまう人は少なくありません。

債務整理手続きに入ったことを債権者に通告するとその時点で全ての取り立てはストップします。債務整理中の取り立て行為はルール違反であり、仮に取り立てが行われた場合は代理人である弁護士や司法書士を通じて講義を行うことであらためてストップできます。

厳しい取り立てに悩まされる日々から開放され、あらためて借金完済に向けて前向きな気持ちを取り戻せるでしょう。

面倒な手続きは代理人に一任できる

債務整理は自分で手続を進めることもできますが、弁護士や司法書士を代理人にたてて手続きを進めるのが一般的です。代理人をたてると借金関連の手続きは全て委任され、書類作成や債権者との連絡などの面倒な作業も全て任せられます。

仕事と平行して債務整理をするとなると時間と手間が掛かりそうに思えますが、代理人をたてれば本人が直接手続きをする必要はなくなります。面倒な手続きは全て代理人に任せられるので、仕事や日常生活に影響をあたえることなく借金問題の解決をめざせます。

債務整理のデメリット

信用情報に事故情報が登録される

債務整理は法律で認められた手続きですが、金融上の信用を大きく損なう行為に該当します。債務整理の事実は金融機関が共有する信用情報に事故情報として記録され、数年間は金融上の信用を必要とする行為に大きな制限が発生します。

いわゆるブラックリスト入りの状態になってしまうわけですが、ブラックリスト入りしてしまうと新たな借り入れやローンは利用できなくなります。クレジットカードの新規発行が出来なくなり、現在入会しているクレジットカードも強制解約の対象になります。

携帯電話の分割購入などもできなくなるので、債務整理後は現金や振込など信用取引以外のみに決済手段が制限されてしまいます。

ブラックリスト入りは大きなデメリットではありますが、新たな借り入れや信用取引を利用しなければ直接的な不利益は発生しません。銀行口座から直接決済するデビットカードやポストペイ型の電子マネーなどは利用可能なので、信用取引に該当しない決済手段をうまく使うのが債務整理後の生活を乗り切るコツです。

官報公告で債務整理の事実がバレる

債務整理の中でも個人再生と自己破産を選択した場合は官報広告により債務整理の事実が公開されてしまいます。官報には住所と氏名が掲載されてしまうため、知り合いが目にすれば債務整理をしたことが確実にバレてしまいます。

ただし、一般の人が官報を目にする機会は少なく、意識してチェックしている人が周囲にいない限り、官報から債務整理の事実がバレるリスクはほぼないと考えていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です