このページの先頭です

債務整理の種類を教えて!任意整理のメリットとデメリット?

125views

投稿日:

債務整理の種類と手続き内容、上手く活用するためのコツについて

借金の返済が滞っていたり、借金で首が回らなくなっている人は、債務整理を行うことで法的に借金問題を解決することができます。しかし、この債務整理を上手く活用するためには、コツがあります。債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停などさまざまな手続き方法があり、その人の借金の額や収入、財産、現在の状況などによって手続きの方法が異なります。

債務整理を上手く活用するためのコツとしては、まず、債務整理に長けた弁護士に相談することです。自分の借金問題の解決には、どの債務整理が適しているのか、自分では分かりづらいのです。弁護士に相談することにより、自分にとって最適な借金の返済方法をアドバイスしてもらうことができます。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さずに利息をカットした上で、借金を減額してもらえるように貸金業者と和解する手続きです。

具体的には、弁護士が債務者の代理人となって貸金業者と交渉し、利息や元本を減らしてもらうことで、当初の借金額より少ない金額で、債務者が毎月返済していくようにすることです。

個人再生とは

債務整理の中でも、個人再生はあまり聞きなれない手続きかもしれません。任意整理を行って借金を減らせたとしても、残りの借金を返せないような場合で、且つ自己破産はしたくない人や、または住宅ローンがあり住宅を手放したくない人が行う手続きです。

具体的には、住宅ローンを除外した上で、借金全体の5分の1の金額、又は100万円を原則3年間で返済していく手続きになります。

自己破産とは

任意整理や個人再生の手続きを行っても、借金の返済が難しい場合には、自己破産の手続きをする場合が多いです。自己破産は、債務整理の最終手段と考えていいでしょう。

具体的には、裁判所に自己破産の申し立てをして、申し立てが認められれば税金などを除いてすべての借金がゼロになるため、借金を返す必要がなくなります。

特定調停とは

特定調停とは、任意整理などとは違って、裁判所での手続きとなります。具体的には、調停委員が貸金業者側と債務者の間に入り、今後の借金の返済計画を提案するというものです。

任意整理を行うメリットについて

任意整理のメリットについては、以下の通りです。

借金の支払を一時的にストップできる

弁護士事務所に任意整理の依頼をすることで、弁護士事務所から貸金業者側に受任通知を郵送で送ります。これにより、貸金業者からの借金の支払督促が止まるため、一時的に借金の返済をしなくてよくなります。

将来の利息がカットされる

任意整理を行うと、今後支払うべき利息がカットされる場合が多いです。そのため、弁護士に依頼することで、貸金業者に支払う金額が大幅に減る可能性があります。但し、貸金業者によっては、将来利息のカットに応じてくれない場合もあります。

借金の元本が減る可能性がある

弁護士に任意整理を依頼した後、弁護士が全ての取引について、利息制限法の金利に従って計算し直します。そして、もしグレーゾーン金利で借入していた場合は、借金の額が大幅に減る可能性があります。また、過払い金返還請求を行うことにより、払いすぎた利息を取り返すことができたり、借金がゼロになったりする可能性もあります。

任意整理する貸金業者を選択できる

任意整理を検討している人の場合は、複数の貸金業者から借金をしている方が少なくありません。そして、何らかの理由で任意整理されると困る場合については、一部の貸金業者だけ任意整理するということも可能です。

職業制限や資格制限がない

自己破産を行った場合には、例えば、警備員や弁護士や司法書士、税理士などの職業に就くことが一定期間制限されます。しかし、任意整理の場合には、職業や資格が制限されることはありません。

官報に名前が載らない

債務整理の中でも、個人再生や自己破産の手続きを行った場合は、官報に名前が載ることになりますが、任意整理の場合には、官報に名前が載ることはないため、第三者に知られることはありません。

裁判所を通さなくていい

個人再生や自己破産手続きの場合には、裁判所の関与のもと手続きを進めることになります。しかし、任意整理の場合には、裁判所を通さないで手続きをしていくことになります。そのため、裁判所に出向く必要がなく、負担が軽くなります。

任意整理を行うデメリットについて

任意整理のデメリットについては、以下の通りです。

ブラックリストに載る

任意整理を行った場合には、借金が減額されたり利息が軽減されたりしますが、このようないい事ばかりというわけではありません。いわゆるブラックリストに載るというデメリットがあります。このブラックリストに載るというと、今後何もしてはいけないというような恐ろしいイメージを思い浮かべる人も少なくありません。

しかし、ブラックリストに載るというデメリットは、そこまで大きくないかもしれません。そもそもブラックリスト載るというのは、信用情報機関の信用情報に事故情報が載ることを、世間一般的にブラックリストに載るといっているのです。これにより、任意整理をした後、約5~7年間は新たにクレジットカードを作ったり、お金を借りたりすることが難しくなります。

しかし、信用情報はあくまで金融業者や貸金業者が管理しているリストであって、借金のことや任意整理をしたことなどを家族や友人などに知られることにはなりません。そのため、ブラックリストに載ったからといって、実際はそこまで深刻なダメージは受けないと考えられます。

貸金業者が任意整理に応じてくれない可能性もある

弁護士に依頼して任意整理を行っても、貸金業者の中には、その業者の方針として任意整理に応じないなど、非協力的な業者もいます。また、借入期間が非常に短期間の場合や、借入期間中に何度も返済が滞ったことなどがあった場合には、貸金業者が任意整理に応じてくれないこともあります。

必ずしも借金の支払いが免除されるわけではない!

個人再生の場合には借金の一部が免除され、また、自己破産の場合はすべての借金の返済が免除されます。これに対して、任意整理の場合には、借入期間や借入時の利率、借入額の内容によっては、現在の借金額からあまり減らない可能性もあり得るのです。そういった点では、個人再生や自己破産の債務整理などと比べると、借金の減額効果があまり高いとはいえないのです。

借金問題はまずは弁護士事務所の無料相談を利用!

借金問題を抱えている場合は、人によりそれぞれ置かれている状況が違うため、それぞれの状況に適した債務整理が必要となります。そして、債務整理を弁護士に相談したとしても、最終的にはどのような対応をしていくのかは、本人でなければ判断することはできません。

借金問題を解決する際のコツとして、できることなら複数の弁護士の意見を聞くようにしましょう。今後の自分の借金問題の解決のため最良の方法を選べるように、さまざまな幅広い意見を参考にするのをおすすめします。

また、弁護士に相談した場合には費用が発生すると思っている人もいるかもしれませんが、相談は無料で行っているところも多くあります。借金問題を解決するためには、まずは弁護士に無料相談することで、何らかの解決策が見つかる可能性が高いといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です