このページの先頭です

多重責務者は債務整理しないと損!債務整理の中身を勉強しよう

223views

投稿日:

300万人もいる!多重責務者

「自分の周りには借金している人はいない」と思っている人も多いかもしれませんが、知人には黙って借金をしている人も多いので、実はかなりの確率で存在しているものです。日本には300万人もの多重責務者がいるといわれているため、あなたの家の近所に多重責務者が住んでいても不思議ではありません。

多重責務で困っているのに債務整理しない人が多い

効率よく借金を返済するコツは債務整理を行うことです。しかし、債務整理を行わずに借金を返済し続けている多重債務者があまりにも目立ちます。単純に債務整理の存在自体を知らないという人もいるのですが、一歩を踏み出すための勇気が出ないという人も多いです。しかし、債務整理なくして多額の借金返済は難しいので、一度見直してみましょう。

そもそも債務整理とは?

そもそも債務整理とはどのようなものなのでしょうか。

債務整理とは、簡単にいえば「借金を減額できる法的措置」です。債務整理の方法は次の3種類から選ぶことができます。

  •  自己破産
  •  個人再生
  •  任意整理

債務整理を細かく説明!

債務整理を賢く行うコツは、それぞれの特徴をよく理解しておくことです。それぞれの方法について詳しく説明していきますので、自分に見合った債務整理はどれなのか考えてみてください。

自己破産

自己破産は債務整理の中で最も知名度のある方法です。自己破産をすれば、借金の返済を放棄することができます。いくら借金が残っていても、1円たりとも返済する必要がなくなるのです。これだけを聞くと、とても魅力的な債務整理方法ですよね。しかし、デメリットがあまりにも大きいので、簡単に決断してはいけません。

  • 職業や仕事が制限されてしまう
  • 財産を差し押さえられてしまう
  • クレジットカードの発行ができなくなる

このように、生活に支障が出るデメリットが満載なのです。ちなみに、自己破産する際は、弁護士に依頼した上で裁判所の判断を仰ぐ必要があります。興味のある人は、まずはお近くの弁護士事務所に相談するところから始めましょう。

個人再生

個人再生は、自己破産するほどではないものの、大きな借金を抱えてしまった場合に有効です。職業に支障をきたすことはありませんし、大きな財産を没収される心配もないので、家族を持っている人にお勧めの方法となっています。個人再生によって減額できた借金は3年以内に返済しましょう。

ちなみに、個人再生にかかる費用は債務整理の中で一番高額です。ただし、費用は分割払いできるので、個人再生後にバリバリ働く意欲のある人なら困らないでしょう。個人再生は弁護士の協力と裁判所の判断を仰ぐ必要があります。まずはお近くの弁護士事務所に相談してみてください。

任意整理

一番手軽にできる債務整理が任意整理です。「債務整理した方が良いのかな」と考えているのであれば、まずは任意整理から検討しましょう。任意整理では利息分をカットすることができます。つまり、借金の元金分だけ返済すれば良いということです。任意整理は、個人再生するほどではない額の借金に適用されます。

任意整理は債務整理の中で唯一、裁判所の判断を仰がない債務整理です。そのため、弁護士に依頼するだけで手続きが進んでいきます。また、債務整理に関する知識のある人ならば、弁護士に協力してもらわず、自らの知識と行動力だけで任意整理してしまうことも可能です。

過払い金請求は任意整理の一つ

テレビ広告などで頻繁に呼びかけられている「過払い金請求」も債務整理の一つです。過払い金請求をすれば、払いすぎていた利息分の返金を求めることができます。返ってきたお金を借金の返済に回すことも可能なので、さらなる借金の減額につなげることができます。

過払い金請求による返金額は100万円以上の場合もあるといわれていますから、損をしないためにもきちんと請求しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です