このページの先頭です

グレーゾーン金利以下の場合、債務整理するメリットはある?

170views

投稿日:

グレーゾーン金利以下の場合、債務整理するメリットはある?

グレーゾーン金利に特化した債務整理の手法は任意整理のみ

グレーゾーン金利以下の場合であっても、債務整理を行うメリットはあります。

そもそも、グレーゾーン金利に特化した手続きを行うのは債務整理の中でも任意整理のみです。

任意整理以外の債務整理手続き

他の債務整理の手続きはグレーゾーン金利に関係なく手続きを進めていけるので、誤解をしないようにしておく必要があります。

債務整理とはなにか

債務整理は四つの手続きをまとめた表現

債務整理というのは、一つの手続きで行っているわけではなく四つの手続きをまとめた表現のことです。

任意整理は債権者債務者双方が問題点を話し合うこと

任意整理というのは、その中でも債権者と債務者が債務の問題点を具体的に話し合うことで問題を解決していく手続きです。

任意整理の手続きを法律家に相談すると、まずその相談を受け取ったという通知を債権者側に報告する必要があります。

この報告を受け取った債権者は、いったん債務者に対する取り立てをやめて手続きの様子を確認しなくてはいけません。

任意整理は、グレーゾーン金利に特化した方法に違いありませんが相手方の同意があれば他の簡易的な借金問題も解決できるメリットがあります。

元々、任意整理は債務のトラブルでも最も利用されている手続きであるため法律家も債務者に対して利用を推奨している傾向があります。

なぜ利用する頻度が高いのでしょうか。

裁判所の審査を通す手続きと通さない手続き

任意整理は裁判所の審査を通さずに手続きを行える

それは、裁判所の審査を通さずに手続きを行うメリットがあるからです。

普通、自己破産や個人再生は裁判所の審査に通らないと手続きを進めていくことができません。

自己破産などの強力な手続きは裁判所の審査が必要

自己破産などの強力な手続きは債権者が本来保有している債権を強制的に排除するために存在するものなので、そうした強力な手続きを利用する際には客観的な判断が可能な裁判所の審査が必要になるのです。

一方で、任意整理は裁判所を通さずにまず債権者側に対して現状の債務に関する話し合いを行うことを求めていきます。

グレーゾーン金利の場合は、相手方に非があるケースがほとんどであるためその非を認めさせて、過払い金の返還請求を求めていきます。

裁判所を通さないという性質上この方法が利用されているだけで、グレーゾーン金利以下の場合は他の手続きが利用できないなどということはありません。

では、具体的に他の手続きはどのようなケースで利用できるのでしょうか。

自己破産は全ての債務で適用できる

一度申請が通ると多額の債務でも免除される

例えば、債務整理の中で最も強力な自己破産に関しては借金全般に対して適用できます。

自己破産は、裁判所を通して手続きを行うことに特徴があり一度申請が通るとどれだけ多額の借金でも返済する責任が無くなるメリットがあります。

仮に、住宅ローンで数千万円という借金を抱えていたとしても裁判所に認めてもらえればそれで債務の免責が認められるわけです。

そのため、利用するメリットは大いにあります。

こうしたメリットが債務者に対して認められているのは、法律によって債務者の最低限の暮らしを保障する権利が認められているからに他なりません。

これは、憲法によって認められています。

一見すると、債務者は自身の過失や故意によって借金を抱えてしまったようにも見えますがやむを得ない事情で借金を背負ってしまうことも十分に考えられます。

例えば、普通の生活をしていく上で会社に勤務して働いていることはごく当たり前の子です。

しかし、働いていた会社がいきなり倒産をしてしまうと借りていた金銭はどうやっても返済することができなくなります。

このような状況下であっても、借金返済のためにその人の人生を全て犠牲にしないといけないとなってしまうと基本的な人権に反してしまいます。

そこで、法律はこうした事情がある人達に対して借金の免責を認めるようにしているわけです。

申請したすべての人が強力な手続きを適用されるわけではない

事実、自己破産などの強力な手続きを利用できるとはいっても申請を行ったすべての人物が手続きに通るわけではありません。

中には、自業自得の行動によって借金を抱えてしまった人もいます。

こうした状況を精査して判断することで、債務者と債権者の借金の均衡を保っています。

例えば、ギャンブルやただ自身が満足したいだけの遊興費にお金をすべて使った場合には自己破産などは認められないケースがあります。

全ての人物に対して認められるわけではないので、その点は理解しておきましょう。

確かに、少額融資などの個人の融資に関しては金利の問題が取り上げられることが多いです。

そのため、こうした便利な手続きは金利の問題にしか適用されないという誤解が生まれることも仕方ありません。

法律家に相談しましょう

法律家は債務額と手続きを照らし合わせて効率的な手続きを選択する

しかし、現実的にそのようなことはないので安心して法律家に相談できます。

法律家は、借金の問題と利用できる手続きを照らし合わせて最も効率的な手続きを選択します。

グレーゾーンの場合はたまたま任意整理が最も使いやすい案件だったというだけの話です。

多額の債務でも法律家に委任すれば最適な減額処置を講じてもらえる

逆に、多額の借金を抱えているケースでは任意整理では対応ができないので借金の強制的な減額処置を求める自己破産や個人再生が不可欠になります。

一つの手続きで全てを解決してくれるわけではない

債務整理は複数の手続きが混ざった総称の事で、それ一つの手続きで全ての案件を解決しているわけではないということを知っておきましょう。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です