このページの先頭です

債務整理をすると、信用情報に大きく影響する?

134views

投稿日:

債務整理をすると、信用情報に大きく影響する?

5~10年間はブラックリストに登録され、ローンが利用できなくなる。

債務整理をすると信用情報に影響するのは間違いなく、具体的には個人信用情報機関に名前が登録されます。

いわゆるブラックリストと言われるものであり、ひとたび登録されると最低でも5年間は消えません。

具体的に何年何ヶ月と決まっているわけではなく、予想よりも早く消えることもあります。

登録期間は5~10年間となり、その期間中は一切のローンが利用できません。

債務整理していない他社ローンに申し込みをして借りようと思っても不可であり、そもそも審査に通過することはないわけです。

消費者金融から5万円だけ借りようと思っても落ちてしまうので、借金をする方法としては身内などから借りるしかありません。

ブラックリストは期間が過ぎるまで消すことはできない

ブラックリストは一定期間を経るまでは消えないので、消そうと努力する必要はありません。

巷には弁護士に相談すれば消してくれるという話もありますが、簡単に消せる状態なら意味がないしフェアとは言えないでしょう。

借金をしない生活に切り替えていこう

ローンが利用できなくなるのはペナルティ

債務整理をしてローンの利用ができなくなるのはペナルティなので、その期間中は借金をしない生活を徹底してください。

家計を見直して、生計を立てよう

借金をしないと生活が厳しいという方もいますが、お金を1円も借りずに生計を立てている方はいます。

ちょっと意識を変えるだけでローンを必要としない生活に切り替えることは可能です。

ローンに依存している状態だとローンなしの生活はイメージできないでしょうが、そもそも人は最初からローンを利用するわけではありません。

キャッシングなどは20歳以上で安定収入のある方しか利用できないので、未成年で借りることはできないのです。

家計を見直して不要な出費を抑えていけば借金をしなくてもよい場面はたくさんあるはずです。

人生の大事な場面で借金を抱えないために

債務整理とは借金を自力返済できないので、法律で解決してもらう手続きとなります。

早めに解決するのが得策

元金・利息が減らない以上はいつまで経っても借金から解放されず、ずっと支払い続けていくことになるでしょう。

そうなると生活に多大な影響が生じてきて、人生設計がうまくいかなくなります。

当初は結婚する気がまったくない人でも、10年後のことは誰も予測できません。

気持ちが変わることは多々ありますし、賃貸に住んでいたけど持ち家が欲しくなる場合もあるでしょう。

そうした状況で多額の借金を抱えているのは好ましくないため、早めに解決するのが得策です。

専門家に相談してアドバイスを受けること

完済できない借金は返し続けても減らないので、専門家に相談してアドバイスを受けてください。

弁護士や司法書士に相談することで、ベストな方法を提案してくれるでしょう。

ローンが利用できないのは一時的な問題

信用情報に登録されてしまうとブラックリストに掲載されますが、これは正式名称ではありません。

あくまで俗称となっており、延滞や債務整理の情報を登録する情報のことです。

ブラックになると終わりというイメージをお持ちの方は多いですが、ローンを利用できないのは一時的な問題となります。

5~10年間は契約ができませんし、利用中のローンでは新たに借入することはできません。

基本的に返済一本になるので、給料の範囲内で生活するしかないわけです。

ブラックの期間中は家計を見直すための準備期間であり、ローンのことは頭から消すようにしましょう。

どうやってローンを利用するのかではなく、どうやって給料で生活を組み立てるか考えてみます。

使いすぎない!家計管理の練習を

将来的にローンの利用をする場合は、今から家計管理をしておく必要があります。

ブラックから消えても浪費癖が抜けないままだと、ローンを利用しても再び借りすぎになるはずです。

借りすぎの原因は使いすぎにあるため、本当に必要なものだけにお金を使うようにしてください。

欲しいものがあってもすぐに購入せず、しばらく考えてみるのも手でしょう。

家計管理は毎月必ず1回は行うようにして、ムダがあれば解消していきます。

ムダを放置しておくことが浪費につながり、浪費に慣れるとその状態が当たり前になってしまいます。

浪費とは自分の意識の問題なので、自己管理を徹底すれば防ぐことは簡単です。

毎月いくらの範囲で生活するのか明確に決めておき、あとはコツコツと一定額を貯金しておくことが大切でしょう。

何もせずに借金が減額されることはない

現在において返済できない借金があって困っている方は、迷わずに債務整理を考えてください。

確かに信用情報に影響してしまいますが、何もせずに借金が減額されることはありません。

放置することは借金を増やすことであり、長期的に延滞した場合も信用情報に影響してきます。

将来的に無理になるとわかってるなら、1日も早く。

今はどうにか返済できていても、将来的に無理になるとわかっている方も早めに専門家に相談しましょう。

借金返済のためには元金充当額よりも多くの返済をする必要があり、利息だけ支払っていても永遠に完済はできません。

すでに自力返済が無理だと判断したら、1日も早く弁護士に相談してください。

無料相談を活用しよう

無料相談を活用すれば、自分に最適な解決法を教えてくれます。

うまくいけば過払い金を回収するだけで借金がなくなる可能性があるので、すでに完済した方も相談する価値はあります。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です