このページの先頭です

絶対返す!確実に借金を返済するための6つのコツ

137views

投稿日:

借りたお金は必ず返すのがルール

借りたお金は期限を守ってきちんと返す。子供でも知っている当たり前のルールですが、この単純にしてシンプルなルールを守れない人は少なくありません。テレビやラジオでは借金が原因で犯罪に走る悲しいニュースが跡を絶ちません。

借金を返済するというのはとても単純な作業ですが、単純であるがゆえに一度つまずいてしまうと立て直すのが難しく、ズルズルと返済が遅れどうにもならない事態に追い込まれてしまいます。

意志ではなくコツで返す

借金を返済するのに必要なのは前向きな気持ちでも返済しようという強い意志でもありません。気持ちで返済できるほど借金は楽なものではなく、高額になればなるほど気持ちだけではどうにもならなくなります。

借金返済に必要なもの、それはズバリ「返済のコツ」です。なにも考えずダラダラ返済していても借金は一向に減りません。基本となるコツをおさえて実践すれば生活に大きな影響をあたえることなく無理なく完済をめざせます。

すぐにできる簡単なコツから長期的な視野に立ったコツまでいろいろありますが、返済のコツを覚えて実践すれば借金で追い込まれるような最悪な事態は回避できます。借金で人生を台無しにしないためにも返済のコツを知っておきましょう。

確実に借金を返済するための6つのコツ

借金総額と利息を知る

借金返済でもっとも重要なコツは、借金の総額と毎月発生する利息を正確に知ることです。お金を借りている本人だから借金の総額や利息くらい知っているのは当然じゃないの?と思われるかもしれません。

借金をした経験のない方は驚くと思いますが、高額の借金に苦しんでいる人の多くは自分の借金総額や利息を知りません。おおよその額は見当がついているでしょうが、1円単位まで正確な金額を知っている人は皆無でしょう。

借金は高額になればなるほど利息負担が重くなるため雪だるま式に膨れ上がってしまいます。借金総額を調べようと思っても複数の借入先から借りていれば個別にチェックするのは手間がかかります。

利息の計算となるとさらに複雑で面倒なので、ただでさえ借金返済に追われてストレスがたまっている状況では細かい作業ができる心の余裕などなく借金の計算を放棄してしまうのです。

面倒な気持ちはわかりますが、借金総額と利息がわからないと返済計画の立てようがありません。まずは最新の明細や請求書を全て集め借金の総額がいくらなのか、毎月利息がいくら発生するのかを確認しましょう。

多重債務状態がひどくなると借金総額どころか何社から借り入れているのかさえあやふやなケースもあります。借入先がはっきりしないときは個人の借り入れや返済など金融上の信用情報を管理している信用情報機関に自分の個人情報を照会してください。所定の手続きをすれば全ての取引記録が記載された個人情報を閲覧できます。

信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」の3つがありそれぞれ銀行、消費者金融など民間企業、クレジットカードと取り扱う対象が異なります。正確な借金総額を知るためにも3つ全てに照会請求してください。

金利が高い借金を優先的に返済する

借金と一口に言っても借入先によって金利は異なります。キャッシングやカードローン、目的別ローンなど借金の種類によっても金利は異なりますが同じ借入先でも借入金額によって金利は変わるので注意が必要です。

一般的には借入金額が多いほど金利は低く、借入金額が少ないほど金利は高くなります。金利の高い借金から優先的に返済していけば利息による借金の膨らみをおさえ返済負担を減らせます。

返済中に新たな借り入れをしない

借金返済中に新たな借り入れをするのは厳禁です。返済が終わっていないということは返済能力が不足していのと同じ状態です。そのような状況で新たな借り入れをすれば返済能力を超えて重い負担が発生し借金で行き詰まる可能性は跳ね上がってしまいます。

ケガや病気などどうしても必要な支出のための借り入れであればやむを得ませんが、重要性の低い借金を返済前に借りるのは破たんへの第一歩以外の何物でもありません。

絶対にやってはいけないのが返済資金の借り入れです。借金で借金を返すいわゆる自転車操業状態に足を踏み入れてしまうと並大抵の努力では脱出できません。おまとめローンなど借金一本化専用ローン以外を除き返済のための借金は絶対に避けてください。

返済金を引いてから支出計画を立てる

完済するまでは返済を再優先に考えましょう。毎月の支出計画ではまず返済金を引いた残りの金額でやりくりする習慣をつけてください。返済金を後回しにして支出計画を立ててしまうと一定額の返済を続けるのが難しく、そうと意識しないうちに返済金の割合が下がり気味になりがちです。

毎月一定額の返済をきちんと続けるのが返済の基本であり完済までの近道です。やりくり上手な人ほど何かと理由をつけて返済金を他の支出に回しがちなので返済金は最優先で収入から引いてさっさと支払ってしまいましょう。

余裕ができたら積極的に繰り上げ返済

借金の返済負担を軽減する方法が「繰り上げ返済」です。繰り上げ返済とは返済計画で決められた毎月の支払金額金を超えて借金を返済する方法です。繰り上げ返済をすれば借金の元本を早く減らせるので将来利息を減らせます。返済期間が短くなるだけでなく返済総額も減らせるので一石二鳥です。

返済中に臨時収入などで経済的なゆとりが生まれたら積極的に繰り上げ返済に回しましょう。臨時収入はちょっとした買い物や飲み食いなどで気づいたらなくなっている、というのがよく見られるパターンです。

何に使ったのか自分でもはっきりしないことでお金を失ってしまうよりも早期返済に回したほうがずっとお得です。目先の快楽よりも優先すべきは借金返済です。万一に備えた貯金をしても残る余裕分は全て繰り上げ返済して早期完済をめざしましょう。

一発逆転より堅実な返済

高額の借金に苦しむ人によく見られるのが一発逆転狙いです。宝くじや競馬などで大金を手に入れ一発逆転で借金を完済したい。夢としては理解できますが現実的な可能性を考えれば共感できるはずがありません。

一発逆転狙いで手持ちのお金をつぎ込んでも成功する保証などどこにもありません。失敗して本来返済できたお金を失ってしまう確率のほうが高いのですから、一発逆転を狙うよりも堅実な返済を続けたほうが最終的には早期に借金を完済できます。

債務整理は最後の手段

借金問題を解決する手段として債務整理という方法があります。債務整理は借金で身動きがとれなくなった人にとってセーフティーネットとなる手続きで、成立すると返済負担を大きく軽減できます。債務整理は非常に便利で借金解決に役立つ手続きですが、あくまでも最後の手段であることを自覚しておく必要があります。

債務整理や借金問題解決と引き換えにブラックリスト入りなどペナルティも発生します。借金問題を解決できるのに比べれば軽く思えるペナルティですが、実際に自分に適用されることを想像すれば決して軽くないのは明白です。

借金で追い込まれた人は債務整理をためらう必要はありませんが、最後の手段を選択するほどではない状況で安易に利用するものではありません。自覚も自制もないまま債務整理で借金を解決してしまうと借金グセが抜けません。

債務整理した後に再び借金してしまうケースは多く、2回目の債務整理は非常に困難です。返せる借金はきちんと返済し安易に債務整理に頼らないようにしてください。

もっとも重要なのは借りすぎないこと

借金返済でもっとも重要なのは借りすぎないことです。「借りられる金額」と「借りるべき金額」は全く異なります。限度額が高いからといって必要以上にお金を借りれば利息負担は重くなり不要な浪費で借金がかさんでしまいます。

必要最小限の額に限って借りれば借金はとても便利なものであり過剰に警戒する必要はありません。借りる前から返済についてきちんと考え無理なく返せる範囲で借り入れるのが確実に借金を返済する最良の方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です