このページの先頭です

債務整理中に車を購入したい場合、車のローンって通るのか?

187views

投稿日:

債務整理中でも車が欲しい・・・

借金が多すぎてどうしようもなくなり債務整理を考えているけれども、その最中に車を購入したいと思った時に車のローンが通るのかと心配になる人も多いでしょう。

そもそも車を買うべきかどうか踏ん切りが付かない人も

借金の整理を考えているということは、車のメンテナンスができていない可能性も多く、中にはかなり年数の経った車に乗っているという人もいるでしょう。

あるいは車が故障し始めていて車を買い替えようと思ったけれども、買い取り査定を行ったところ10万円もいかないような安い値段でしか買い取ってもらえずに、このような場合であれば車を売ったお金で新しい車が買えるはずもありません。

そのまま今現在のっている車に乗り続けなければならない状況で債務整理を行ったとして、もしもその最中に車に致命的な故障があったらと考えると、なかなかふんぎりもつかなくなってしまうのではないでしょうか。

いっそのこと車の所有をやめてしまう?

いっそのことお金がないのであれば「車の所有をやめてしまえばよいのではないか」と思う人もいるかもしれません。

しかし、例えば電車やバスが1時間に一本しか来ないような田舎に住んでいて、職場が非常に離れていて歩きだと2時間以上もかかってしまうような場所や、子供を保育園に預けたいけれども車がなければ歩いて1時間以上かかってしまうような場所に住んでいる人もいるでしょう。

大雨や猛吹雪の中歩いて職場にいくこともできず、また小さい子供を連れて1時間以上も保育園まで歩いて通わせるわけにもいかず、どうしても生活に車が必要だという人も多く見られます。

このような人の場合には車が動かなくなってしまい使えなくなるとしたら、日常生活には大きなダメージを受けることになるでしょう。

ズバリ!車のローンは通るのか

債務整理を考えているということは、一括購入はまず無理だと思われるので車を購入する場合にはカーローンを利用することとなるでしょう。

しかし結論から言うと債務整理中に自動車ローンの審査を通過するということはかなり難しい状況だということです。

普通に考えても借金の整理を行うということは支払い能力がないと判断され、難しいと考えるのが普通といえます。

つまり一番早い近道は早めに借金の整理を行って、早めに借金を返済してからマイカーローンを組むというのが一番の近道と言えるでしょう。

債務整理中でも審査に通りやすいカーローンもある?

しかし実は債務整理中であっても自動車ローンが組めるという意見もあります。

これは中古車販売店の自社ローンを利用するという方法です。

これは中古車を購入する時に利用できるローンで、販売店によっても様々な条件があげられますが、一般的に仕事があって安定した収入があり、保証人が立てられる、頭金を必ず入れるというような条件が一般的となっています。

またオートローンとは異なり、借りられる金額としてはだいたい50万円ほどまでで、1年半よりも短い期間で返済しなければならないので、月々の返済額が高くなるという特徴があります。

保証人については、保証人は立てなくてもよいという会社も見られ、もしも保証人を立てない場合には、数料を払った上で保証会社をつけることになります。

保証会社をつける際の手数料としては、会社によっても異なりますがおおよそ購入価格の 10パーセントほどとなり、もしも50万円のローンを組んだという場合には、50000円の手数料を一括で支払わなければならないということになります。

手数料が結構高額だと感じる人もいるかもしれませんが、自社ローンの最大の特徴は金利がなく分割払いができるという店と、信用情報を照会されないというところでしょう。

こんな方法で審査を通す人も

そしてそのほかの方法として家族名義でローンを組むという方法が挙げられます。

信用情報に記録が残るのは本人だけであり、配偶者や家族の信用情報に傷がつくことはありません。

そのため可能であれば家族名義で車のローンを組むのも一つの手段といえるでしょう。

しかし家族に収入がない場合には保証人が必要となることもあり、ブラックリストに載っている人は保証人になることができません。

そのためそのほかに保証人お願いできる人が必要となるでしょう。

そして若しも保証会社をつけることになった場合には、その際の手数料はローンを組む際に一括で支払わなければならないため、事前の準備が必要となります。

債務整理が終わると問題なく車のローンに通るのか

そしてもしも債務整理が終わった後であれば、車のローンをすぐに組めるのかという問題については、整理の種類によっても異なりますが、一般的には信用情報機関に情報が載る5年から10年の間は、車などの高額のローンを組むことは難しいと言われています。

そのほかにも借金を完済した後は、ローンの審査に通る可能性が少し上がるという声も聞かれます。

この点については整理の種類や現段階での収入などにより多少変動がみられるのかもしれません。

しかしたとえ5年から10年が経過して、借金を完済した後であったとしても車のローンが組めないケースも見られます。

その理由としては信用情報機関に記載されている期間は5年から10年とされていますが、借入先では自社ブラックとして半永久的に債務整理をしたという事実が残ってしまうことによります。

そのため違うところでローンを組むなどの工夫が必要になるでしょう。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です