このページの先頭です

債務整理はどうすれば良いの?方法と特徴のまとめ

131views

投稿日:

任意整理の方法と特徴

債権者と直接交渉をする方法

任意整理は、債務整理の方法として最もメジャーかつ選択する人が多いもののひとつです。あなたにお金を貸した債権者と、直接これからの返済プランを相談して決めていきます。過払い請求を行い、金利の変更を求めるため、実際に支払う金額を、大幅に減らすことも可能です。

返済にかかる年数は、借り入れの金額や、債権者との相談内容によっても異なりますが、およそ3年から5年程度での返済完了を目指すパターンが多いです。

任意整理のメリット

任意整理は、借金の過払い請求と合わせると、元金まで減らせる可能性があります。整理を決めた段階で債権者からの取り立ては止まるので、過度な取り立てに悩んでいた人にもおすすめです。また、任意整理であれば、自宅や自動車など、財産の差し押さえに発展してしまうこともなく、クレジットカードなどを残しておくことも可能です。

返済さえ終われば、これまでの生活に戻ることができる選択肢のひとつだといえるでしょう。家族や会社にも秘密にしたまま、借金の整理をすることが可能です。

任意整理のデメリット

あくまで債権者との交渉によって成立する債務整理の方法であるため、相談に応じてもらえない場合、任意整理を選択することがそもそも不可能になってしまいます。計画的な返済プランの提出がコツです。また、金銭的なスケジュールを明確にすることで成立する方法であるため、安定した収入が証明できない人は、任意整理を進めることは出来ません。

また、ブラックリストにも掲載されてしまうので、5年間程は新しくローンを組んだり、別のクレジットカードを作ったりすることは出来ませんし、キャッシングの利用も不可能になります。

自己破産の方法や特徴

すべての取り立てや借金がなくなる方法

自己破産は、前述した任意整理や、裁判所への申し立てによって成立する個人再生などの方法でも、借金を返済しきれなかった人が選択する方法です。地方裁判所に申請して、金利だけではなく、借金そのものをすべてなかったことにしてしまいます。

自己破産を債務者が選択すると、支払いの義務が一切なくなる仕組みですから、返済のあてがなくなったときに選択するのがコツです。自己破産後の取り立てもなくなります。基本的に、誰であっても選択できる方法です。

自己破産のメリット

自己破産は、前述した通り誰でも選択できる道です。借金そのものが全額帳消しされるので、安定した仕事に就いていなかったり、現在無職になってしまっている人であっても、自己破産をすることは可能です。自己破産をすれば、借金そのものがなくなってしまうので、返済のために奔走する必要もなくなりますし、しつこい取り立てもストップします。

電話や自宅訪問などの取り立てに悩まされていた人には、ストレスの元を解消する選択肢でもあるでしょう。誰でも手続きが出来るため、申請資格を確認する必要もありません。

自己破産のデメリット

自己破産を選択することで、自宅や自動車をはじめとして、財産の差し押さえが発生してしまいます。預貯金も基本的には差し押さえられてしまうので、生活に必要な最低限の品物以外は、回収されてしまうと考えましょう。

裁判所による差し押さえが発生する以上、家族に隠しておくことはまず難しく、場合によっては会社や近隣住民にも、借金の存在や、返済が出来ずに自己破産に至ってしまったことを把握されてしまいます。

また、任意整理や個人再生の債務整理と同様に、ブラックリストに掲載されてしまうため、5年間から10年間は、新規のクレジットカードの作成、ローンの申し込み、キャッシングの利用などはまったく出来なくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です