このページの先頭です

債務整理をすると、いつまでブラックリストに掲載される?

37views

投稿日:

債務整理をすると、いつまでブラックリストに掲載される?

ブラックリストへの危惧

膨らんでしまった借金を何とかしたいという時に行なうのが債務整理になりますが、その後にブラックリストに載ってしまう事を危惧している方は多いでしょう。

債務整理をするんだから仕方がないと思っても、いつまでブラックリストに載ってしまうのか気になってしまうはずです。

金融事故の状態が続くとローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする事ができませんので、いつになったら解除になるでしょうか。

ブラックリストは、内容により掲載期間が違う

債務整理をして、それぞれの信用情報機関にブラックリストに掲載されますが、内容や信用情報機関によって掲載期間が多少異なります。

消費者金融系の信用情報機関になるのがJICCこと株式会社日本信用情報機構になりまして、日本で最も古い信用情報機関です。

最長五年間、ブラックリストに載る

ブラックリストには、様々な種類がある

延滞であれば1年になり、任意整理、自己破産、個人再生のいずれかでも全て5年になりますので、どの方法で行なっても5年間は掲載されます。

信販系やクレジットカード系の信用情報機関が株式会社CICになりまして、こちらは任意整理や個人再生は記載はないのですが、自己破産と延滞が5年となっています。

JICCと比較した場合に延滞が5年と期間が長くなっていますので、クレジットカード支払いの延滞が如何に厳しいものであるかというものが分かります。

銀行系のカードローンや銀行からの借り入れ等の信用情報機関になるのが全国銀行協会が運営しているKSCこと全国銀行個人信用情報センターです。

任意整理に関しましては記載がありませんが、延滞が5年、自己破産と個人再生が10年となります。

住宅ローンに関わる事例が多くありまして、金額も他と比較で高額になるケースがお栄為に掲載期間が最長10年と厳しいものになります。

これら3つの信用情報機関がありまして、それぞれに該当する期間だけ掲載され続けます。

大きなチェックポイントとしてあるのが、ブラックリストは一つの信用情報機関だけではなく、それぞれに共有されます。

消費者金融を利用して金融事故を起こした場合はJICCだけに掲載されて、JICCの審査のみに影響するのではなく、CICやKSCにも情報が共有されて影響します。

情報自体はそれぞれが管理していますけど、ネットワークシステムのCRINによって共有していますから、どの媒体を利用して、どんな債務整理をしたかは関係なく、金融事故を起こしたら決められた期間内はどのクレジットカードもローンも利用できなくなります。

ブラックリストから、解除までの具体的な期間。

そして、気になるのがいつから掲載されて解除されるかになりますが、ただ5年間を待つだけではありません。

それぞれの信用情報機関や内容によっても変わりまして、KSCの場合の延滞は契約期間中および契約終了日から5年を超えない期間となっており、債務整理等を含めた取引時事に関する情報は破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間となっています。

一般的に利用されることが多い消費者金融の扱いなるJICCでも「契約継続中及び完済日から5年を超えない期間」と「当該事実の発生日から5年を超えない期間」と延滞と内容が異なります。

要するに延滞だと完済してから最長5年間となりまして、2年間返済し続けてやっと完済したら合計で最長7年間の計算になります。

一方の場合は手続き開始の決定等を受けた日や発生日からとなります。

何年掲載されるかは、問い合わせが出来る。

問い合わせには内容の把握が大事

信用情報機関や金融事故の内容によっても掲載期間が異なっていますので、どういった内容であるかを把握しておかなければなりません。

どうしても何年掲載されるのか、内容を知りたいという方は各信用情報機関に問い合わせしてみると良いでしょう。

郵送や電話、パソコンからでも問い合わせ出来る。

重要度の高い個人情報になりますので開示請求のハードルは少し高くなりますが、基本的に郵送で行なえます。

JICCやCICに関しましては携帯電話やパソコンからも開示請求を行なえますので気軽に問い合わせする事が可能です。

一度掲載されれば、信用を得るまで消えない。

ブラックリストは、お金で取り消せない。

基本的に一度掲載されてしまいますと、登録ミス等でない限り消す事は不可能です。

消す手続きをする場合でも賃金業者である加盟会員からの訂正が入って情報を消す手続きを行なうという形になりますので、お金を支払って消すという事はありえません。

一部の業者のなかにはサービスとして手数料を支払えばブラックリストから抹消するというものがありますが、絶対にありえない事になりますので詐欺だと考えてください。

コツコツ信用回復するしかない

一度掲載されてしまえば消えない、消すことができないものであり、もう一度信用情報を積み上げていくしかありません。

債務整理をしてブラックリストに掲載されてしまいますと、新たに借金をすることができなくなり、クレジットカードの更新が難しくなり、一般的な生活にも多少影響が出てきてしまいます。

どのくらいの期間掲載されるのかを、しっかりと把握して、大きなローンを利用したい場合はその間はお金を貯めて頭金を集める、家計を見直して失敗しない経済状況にするといった期間としておくと良いかもしれません。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です