このページの先頭です

債務整理で、利息カット以外のメリットは?

182views

投稿日:

債務整理で、利息カット以外のメリットは?

債務整理で代表的なものは利息カット

債務整理には絶大なメリットがあり、代表的なものは利息カットでしょう。

高金利ローンは利息が大きくなるのは当然ですが、低金利ローンの場合も借りすぎれば利息に反映してきます。

ローンは利息が発生するのが当たり前ですが、ローンを利用する状況で金銭的に余裕のある人はいません。

数万円程度の買い物だと貯金をして購入することが可能ですが、家となるとそうはいかないでしょう。

ほとんどの方は家を購入するときに住宅ローンを利用しており、借入額の半分程度の利息を支払っています。

つまり2000万円の借入をした場合は、利息も含めて3000万円の支払いになるわけです。

キャッシングは繰り上げ返済で早期の完済を目指そう

キャッシングは金利が高いですが、借入総額が少なければ大きな問題ではありません。

ただし100万円程度の借入になると利息だけで月1万円を超えてしまうので、繰り上げ返済を併用して少しでも早く完済を目指しましょう。

債務の返済が出来なくなった場合はどうする

一刻も早く弁護士に相談をして債務整理をしましょう

借金の返済がどうしてもできなくなった場合は、早めに債務整理を検討してください。

今月中の支払いが無理になった場合、今すぐに相談する必要があります。

放置しておくと取立てが始まりますから、取立てを起こさないためにも弁護士に相談しましょう。

弁護士に委任をすると受任通知で取り立てをストップできます

受任通知により即座に取立てを止めてくれるので、すでに取立てが始まっている方も相談してください。

相談料は原則無料の事務所が多いので、まずは相談して具体的な解決法を決めていきましょう。

任意整理とは

任意整理をすれば利息カットが可能

任意整理をすれば利息カットが可能になり、実質的にローンの金利が0%になります。

高金利ローンは任意整理だけで解決できることが多く、キャッシングの整理をするときは自己破産よりも任意整理をする方が圧倒的に多いです。

過払い金が発生している場合グレーゾーン金利分を取り戻せる

過払い金が発生している場合は、グレーゾーン部分を回収することが可能です。

例えば100万円を借りていた場合、現在は法的に認められる上限金利は15.0%となっています。

つまり過去に25.0%で借入していたのであれば、10.0%分を支払いすぎていたことになります。

これを回収できるのが過払い金請求であり、回収額が多ければ借金はすべて相殺されることもあるのです。

過払い金請求

過払い金請求は債務整理とならない

過払い金請求の場合は債務整理とはみなされないため、個人情報に登録されることはありません。

昔は過払い金請求のみを行ってもブラックリストに登録されましたが、現在はその心配はありません。

過払い金請求で相殺できず解決できない場合ブラックリストに載ることがあります

ただし、過払い金請求で借金が完全に相殺できず、残りを任意整理などで整理する場合はブラックとなります。

多額の借金を抱えている場合は、任意整理による利息カットだけでは解決できないことが多いです。

個人再生とは

個人再生は80%も減額することが出来ます

そうした場合に使えるのが個人再生であり、借金を一気に80%程度も減額することができます。

例えば500万円の債務なら100万円まで圧縮されるので、今後の返済は確実に楽になるでしょう。

返済期間は3年~5年だが3年で決まることが多い

ただし返済期間は3~5年の範囲内になるのが普通であり、大抵は3年で決まることが多いです。

債務が100万円まで圧縮されたら、それを3年間かけて返済していくことになります。

5年返済を希望しても通らないことがありますから、3年になると考えておくのがよいでしょう。

任意整理は整理したい債務だけを整理できるが個人再生では全ての債務が対象

任意整理の場合は整理したい借金のみを選択して整理できますが、個人再生はそれができないのが特徴です。

すべてのローンを一括で整理する必要があり、有担保ローンや保証人付きローンも含まれます。

自己破産で整理する

個人再生でも整理できない債務は自己破産で

個人再生でも整理できない借金は自己破産で整理するしかありません。

自己破産をすれば借金がゼロになりますが、正確には免責がおりることで借金がゼロになります。

ギャンブルによる借金は認められないことがある

免責はほぼ100%おりますが、ギャンブルによる借金の場合はおりないこともあります。

最近はギャンブルの借金も免責がおりることが多いですが、かつてはおりないことも多々ありました。

現在はおりやすいので自己破産を決断する方が増えている現実がありますが、最低限の現金・生活必需品を除いてすべて処分することになります。

自己破産では家や車を処分することになる

家やクルマなども失うことになるので、これらを守りたい人は個人再生を選ぶことが多いです。

ただし個人再生は借金がゼロにはならないので、一定の返済能力を求められることになります。

自己破産の場合は返済能力がなくても選択できるため、債務がそれほど多くない方が選ぶこともあります。

すべての債務整理に共通することは、取立てがすぐに止まることでしょう。

取り立てが来たら

取り立てが来たらすぐに弁護士に相談と正式契約をする

最短即日で止めることができるので、取立てがきたらすぐに弁護士に相談をしてください。

相談後に正式契約をすると弁護士から債権者に受任通知が行くので、その瞬間から債権者は取立てができなくなります。

取り立ては延滞を解消するまで止まらない

取立ては延滞を解消するまで止まることはありませんし、放置すると遅延損害金が発生することになります。

20.0%の延滞金が付くので、あっという間に債務は膨らんでいくでしょう。

債務は放置せずに無理と感じたら専門家に相談

借金は放置するほど自力解決は難しくなるので、もう無理だと感じたら専門家に相談してください。

即座に取立てを止めつつ、利息カットや元金減額などの方法で整理をしてくれます。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です