このページの先頭です

子供がいる場合、早めに対策しよう!夫の借金癖を直すには?

96views

投稿日:

子供がいる場合、早めに対策しよう!夫の借金癖を直すには?

夫に借金癖がある場合、妻である女性にも負担がかかってきます。

子供がいる場合は、借金の返済や生活費だけでなく、教育費もかかってくるでしょう。

子供の教育費などで、本当は貯蓄するべきかもしれません。

そこで、夫の借金癖を直すにはどうしたらいいのかをご紹介します。

また、解決しない時には債務整理や離婚なども考えなくてはなりません。

それらについても、ご説明します。

 

借金癖は早く対策する!

子供がいる人でも、昔から借金をし続けている場合があります。

ギリギリ返済が出来ている状態や借金が積み重なっている人は、借金癖を直すしかないでしょう。

子供がいる場合は、借金の返済をしていかないと、子供の生活にまで影響が出てしまいます。

借金癖の多くは、ギャンブルや趣味などで依存症になっていることが原因です。

よって、借金癖を克服するためには、借金の原因になっている依存症そのものへの対策が必要でしょう。

治療で治せる依存症の場合は、治療するのも手段です。

 

夫婦で話し合って、今後の計画を立てる

夫の借金癖と向き合っていくためには、妻が一緒に克服しようとする姿勢が必要です。

まずは、夫婦の給与を妻が管理し、支出などを見直してみましょう。

借金の原因を把握し「何故、借りたのか」「本当に借りる必要はあるのか」「返せる見込みはあるのか」などを話し合うことも大切です。

夫婦で、現在の状況を把握して、今後の返済計画を立ててみましょう。

まずは、夫の給料からコツコツと返済していくことが重要です。

妻の貯金や給料から返済することもありますが、妻に頼ってしまうため、借金癖の克服には逆効果でしょう。

妻のお金を頼ってしまうと、「また借りて、返してもらえばいい」という気持ちを生み出してしまうことがあります。

基本的には、夫の借金を妻が返済する義務はありません。

個人で作った借金に関しては、借りた本人が返すことになっています。

しかし、妻が保証人になっている場合は、妻にも返済義務が発生するので注意しましょう。

借金癖がある人は、妻に内緒で借りることも多く、保証人が誰になっているかの確認も必要です。

保証人がいらない借金の場合、高い利息などがかかることもあるでしょう。

どの金融機関で借金をしているのかでも、借金の返済目途が変わってきます。

もし、返済計画が立てられず、借金が積み重なりそうな時は、弁護士などに相談するのも一つの手段です。

まずは、子供に影響が出ることを、夫に理解してもらわなくてはなりません。

子供が今後苦しまないためにも、早めに行動することが大切なのです。

 

借金癖が直らない時は、債務整理か離婚を!

どうしても、夫の借金癖が治らない時は、債務整理や離婚という選択になる場合があります。

債務整理では、任意整理か個人再生・自己破産があるので、借金の返済額によって決めるといいでしょう。

自己破産になると、ある程度の生活用品以外の財産は没収されてしまうので、子供の生活にも影響が出てきます。

一からやり直すには自己破産も選択肢になりますが、なるべくなら任意整理か個人再生が望ましいです。

専門家に相談することで、その家庭に合った債務整理方法を教えてくれます。

借金癖が直らずに夫婦で解決できない場合は、離婚することもあるでしょう。

その場合、経済的な理由で婚姻関係を解消することができます。

子供の親権は借金を作っていない妻になりますが、夫からの養育費などは期待できません。

話し合いで納得してから離婚しないと、後からトラブルになることもあります。

 

夫の借金癖を早く克服し、子供に迷惑をかけないようにしよう!

夫の借金癖は、夫婦だけの問題ではありません。

子供の生活や教育にも影響が出てきます。

借金のせいで子供にまで影響が出てしまうと、債務整理や離婚なども検討した方がいいでしょう。

しかし、借金癖を克服できるなら、まずは直す努力が必要です。

もし、借金癖が直らない場合は、弁護士に無料相談してみるのもいいでしょう。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です