このページの先頭です

債務整理の相談を匿名で受け付けてくれるところは存在する?

129views

投稿日:

債務整理の相談を匿名で受け付けてくれるところは存在する?

債務整理の悩みを抱えている人の中には、名前を知られずに相談したいと希望するケースが存在します。

多くの弁護士は実名で相談に乗ったり、依頼を引き受けて協力するのが一般的です。

しかし匿名でも相談できる法律事務所は存在するので、実名を出したくない人でも不安なく相談を行えます。

インターネットの無料相談サイトなら24時間365日

例えばインターネットの無料相談サイトでは、24時間365日簡単に債務整理の診断を受けることができます。

整理の可否を始めとして、具体的な提案も受けられますから、気軽に頼れる相手の候補に加わるでしょう。

勿論名前を含めた個人情報の開示は必要ないので、身近に希望の相手が見付からない時でも安心して相談を始められます。

実名も住所なども不要ですし、利用の際に料金は発生しませんから魅力的です。

質問項目に答えるだけで、すぐに結果が出るサービスも。

無料相談サイトによっては、質問項目に順に答えるだけで結果が分かるサービスもあります。

その場で瞬時に結果が判明しますから、待たされることに不安を感じてしまう人にもおすすめできます。

また機械的に対応されるので、人に相談することを苦手とする人でも大丈夫です。

チャット形式で弁護士にも相談できる!

もう一つの匿名相談サービスは、実際の弁護士に悩みの内容を直接持ち掛けられるのが特徴です。

プロに無料で相談できる

こちらも無料ですから、ついつい高くなりがちな費用が全く掛からないので安心です。

直接といっても対面や電話越しではなく、チャット形式でリアルタイムに回答を得られるのが注目ポイントです。

匿名なので名前を明かす必要は一切ありませんし、機械対応ではないので柔軟に質問したり回答がもらえます。

債務整理の疑問や不安解消に役立ちますから、プロに相談したくなったら手始めに利用してみるのが良いでしょう。

チャットなのでその点はハードルになり得ますが、名前も顔も全く知られないので気にする必要はありません。

むしろ今まで思っていたことを諦めることなく、全部聞いて答えてもらえるチャンスに変わります。

大抵の所要時間は1分以内ですから、忙しくて時間が取れない人にも適しています。

しかも無料なのに相談は何度でも行えるので、まさに至れりつくせりの理想的な相談相手です。

特色ある相談サービスが提供されている

借金がいくら減るか分かるシュミレータータイプの債務整理相談サービス

シミュレータータイプの債務整理相談では、匿名と完全無料を謳ってサービスを提供しています。

借金がいくら減るかに加えて、過払い金の有無も同時に分かるのが魅力といえます。

全国対応で相談だけなら全く無料ですから、借金の現状と解決方法を知りたい場合の相談に最適です。

女性専用の法律事務所

一方には女性専用の法律事務所も存在しているので、男性に抵抗感を覚えていても安心対応に期待できます。

特徴はまず女性の相談だけを受け付けていること、そして対応する相手も女性スタッフに限られている二つです。

窓口は電話のみですが、相談は無料で名前が求められることもありません。

着手金は0円

その上着手金は0円と明言されていますから、安心して電話を手に相談を持ち掛けることができるはずです。

匿名という安心感はやはり、名前を名乗らず住所も個人情報も伝えなくて良いことから得られます。

無料の魅力もありますから、相談者にとってはこれ以上ないチャンスとなるでしょう。

つまり債務整理の相談について、匿名で受け付けるところはあるかとの問いにはイエスと答えられます。

相談窓口の選び方

相談を検討したり相手を見付けたい時は、窓口の種類とタイプを理解して絞り込む必要があります。

シュミレータータイプはお手軽で何度も試せる

シミュレータータイプは人が介入しないので気軽ですが、回答の精度という部分ではやや落ちます。

ただ早ければ数分以内に回答が得られますから、スピーディーな点においては評価に値します。

更に何度も試せるのもシミュレータータイプの良さで、間違ったり失敗してもやり直せるのが利点です。

会話が苦手な人は、ゆっくりチャットで。

反対に非シミュレータータイプには、チャットや電話窓口が当てはまります。

用意される窓口は相手によるので、どういった形で相談したいか考えて絞り込むことが肝心です。

会話が苦手な人は電話を避けて、チャットタイプを選択するとハードルが低くなります。

今度は文字を打つスピードが不安になるかもしれませんが、ゆっくりでも大丈夫なので心配はいりません。

気になるなら予め遅くなると伝えておけば、相手に気兼ねなく相談することができるでしょう。

文字だけが不安なら電話相談でじっくり相談

逆に文字では不安が解消できない場合は、電話窓口で悩みを話したり債務整理の案内を受けるのが得策です。

女性専用の窓口も登場しているほどなので、話だけでも聞いてもらいたい、でも誰に話せば良いか分からないという人に向いています。

なるべく早めに相談しよう

これらの相談相手に共通しているのは、個人情報を伝えなくても知りたい回答が得られることです。

費用は掛からないのに何度でも利用できて、場所を問わずに相談できることも珍しくありません。

電話の場合は発信元が伝わりますが、番号非通知で掛けるか公衆電話を使えば解決する問題です。

後の判断に役立つ専門的な回答がもらえるので、借金が大きくなって手が付けられなくなったら、なるべく早めに相談することが大切です。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です