このページの先頭です

債務整理に必要な手続きとは?

34views

投稿日:

債務整理に必要な手続きとは?

債務整理をするメリット

債務整理をする最大のメリットは借金が減額できるというところです。

手続きはいくつかありますがやはり一番利用されているのは任務整理です。

任務整理とは債権者と債務者の間で話し合いをして同意のもとで借金を減額するという方法です。

減額することで早く完済することができるようにすることができます。

債権者との交渉と返済計画

借金をしている相手に債務者が減額をしてくれることがあるのかと不安を感じることもありますが、返済計画が破綻してしまいまったく返済することができない状態よりもしっかりと回収することができる金額で返済をしてもらうことができるほうがいいと考える人もいます。

法律で決められた手続きのもとで任意整理を行うことで不可能ではないといえます。

ちゃんと返済をしているのに債務が減らない

早めの債務整理で返済負担が軽くなる

借金が減ることで返済負担が軽くなり、完済への道も見えてくることでしっかりと返済をしていこうと思えます。

返せなくなるほど金額が大きくなる前に早めに債務整理を行うことが大切です。

利息でなかなか減らない

利息がかさんでしまい借金の総額が増えてしまうと返済をする金額をいくら減額してもらったとしても結局返さなければいけない金額があまり変わっていないという場合もあります。

また、借金の総額が増えるほど債務者の同意が同意をしてくれる可能性が低くなってしまうこともあるからです。

返済が行き詰ってしまう前に専門家の弁護士や司法書士に相談しましょう。

一度債務整理をすることになって手続きをしたことがあります。

きちんと返済をしていてもやはり利息でなかなか減らないという場合は多いと聞きました。

いくら一生懸命に返済をしていても利息が増えていくと結局返しきることができないという場合もあるので早めに相談するというのは良いことだとアドバイスしてもらえました。

債権者へ全額返済したい気持ちを伝える

債務者の方へ全額返したいという気持ちがあることは相手にも伝わっていたようで、そのときは減額にも対応してもらうことができましたがやはり利息のことも考えて返済計画を立てておくことは大切だと感じました。

借金を返済する生活というのは気持ちにも余裕を持つことができないし、なかなか計画通りに返済することができないことに苛立ちばかり感じることが多くなってしまいます。

取立てなどもあるのでストレスで体調を崩してしまう人もいるといいます。

債務整理の手続きに入ると取り立て等はストップする

手続き開始したのに借金の取り立てがあった場合は

債務整理の手続きに入るとその時点で取り立てなどはストップします。

その状態で取り立てをするというのは法律違反になり、もし取り立てをした場合は弁護士や司法書士を通じて抗議を行い改めてストップしてもらうことができます。

早めの債務整理には弁護士や司法書士を代理人にして債権者と交渉する

早めに借金の減額をしてもらおうと手続きをしようとしても自分ではまったくわからないという人は多いです。

そのような場合は弁護士や司法書士を代理人にたてて手続きを行うことができます。

代理人をたてることで借金に関する事柄は全て委任されることになります。

そうすることで自分自身でいろいろと動かなくても難しいことや面倒なことはすべて委任した弁護士や司法書士がしてくれるので安心して返済をすることだけを考えることができます。

任意整理とは何か

任意整理の流れを知っておく

任意整理とはどのような流れで進むのかをあらかじめ知っておくことでいざというときに慌てなくてすみます。

任意整理は基本的に依頼を受ける前に面談を行います。

面談した上で正式に委任契約を締結をすることになれば、弁護士や司法書士が各債権者に受任通知を送付します。

受任通知とは弁護士や司法書士がその借金の返済の話し合いの委任を受けたということや過去の取引履歴の開示の要求、そして債務者本人に直接連絡をしないなどの要求が記載されている種類です。

弁護士や司法書士から受任通知が債権者に届くと交渉がまとまるまで請求は止まる

受任通知が相手に届くと相手からの請求は止まるので、相手との話し合いがまとまるまで借金の支払いをする必要はなくなります。

私の場合はこの話し合いの間にまとまった後の返済資金にあてるためにお金を貯めていました。

止まっている間にお金を貯めておくことで返済を再開したときに生活が少しでも楽になって余裕を持つことができます。

任意整理を開始するのに必要な書類

任意整理をするときに必要な書類は、まず運転免許証や保険証など本人確認ができる身分証明書、債権者一覧表、消費者金融のカードやクレジットカード、預金通帳と源泉徴収票など収入が分かるものを用意しましょう。

もし不動産があるという場合は不動産の登記簿謄本、生命保険に加入している場合は生命保険証券、勤務先に退職金制度があるときは退職金の見込み額が分かる書類を用意しておきます。

債務者が減額を了承してくれた場合は少しですが生活に余裕ができる場合もあります。

話し合いが、まとまるまでと、まとまってから。

貯めたお金で返済できる分を一気に返済する

話し合いがまとまるまでに貯めたお金で一気に返済できる分を返してしまうということもできますが、それまでどおりの返済額で返しながら生活に余裕を持たせるという人もいます。

債務整理を行うことで無理のない返済計画を立てることができる

債務整理を行うことでストレスを緩和することができましたし、生活に余裕が少しできるので返済をする金額を考えて生活費を出すことができるようになったのがよかったです。

気持ちの余裕が出来て計画より早く返済終了ができた

余裕のある生活をすることで早く返済してしまおうという気持ちが出てくるので結果として計画よりも少しだけ早く返済終了することができました。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です