このページの先頭です

債務整理の依頼者は、どのような人が多いのか?

150views

投稿日:

債務整理の依頼者は、どのような人が多いのか?

債務整理を依頼する依頼者ですが、大半を占めるのは一般人であるサラリーマンです。

多くの借金はちょっとした事から始まる事が多く、一般人の方が依頼をされます。

きっかけは自分が欲しい趣味の物だったり、毎月の給料に見合う生活が出来なくて、浪費癖が出てしまったりと理由は様々です。

持ち家アリ!家族アリ!の方が多い

サラリーマンは家族を抱えている方も多く、返済が出来なくなると家族や会社にも借金がばれてしまいます。

またサラリーマンの場合は持ち家の方も多く居られ、自己破産を選択されると手放す事にも繋がるので、債務整理を選択される事が多くなります。

次に多いのがアルバイト

次に多いのがアルバイトの方です。

アルバイトで生計を立てるのは困難なものであり、実家暮らしで無い場合は借金をしてしまう事が多くあります。

アルバイトの時間を増やすことにより返済を行う方も多いですが、金利との兼ね合いで元本の返済が上手くいかず、支払い不能になってしまい債務整理を選ばれます。

アルバイトの方は収入面でも不安定の為、金利が安くなる事に対してメリットを感じる事も多く居られます。

意外と多いのが自営業の方

他にも依頼者として多いのが自営業の方です。

自営業の方は始める時に多くの借金をしてしまいます。

自営業が上手く行っている内は良いのですが、少しでも傾いてしまうと返済が滞る事になってしまいます。

金額が大きく返済も困難な事が多いので、自力返済するのは難しいです。

しかも保証人をつけている場合も多いので、返済できないまま放置する訳にも行かないため、債務整理を選択されます。

依頼人としては少しでも保証人に迷惑を掛けたくないのが本音なので、少しずつ返済を行っていける方法なので、喜ばれる方も多く居られます。

なかには公務員も・・・。

また依頼者の中では公務員の方も居られます。

公務員は堅い職業なので、職場に催促の連絡が来ると困ります。

返済が出来ている内は業務に支障はありませんが、滞るようになると仕事を失いかねません。

信用が第一の部分でもある職業なので、誰にも借金をしている事を知られたくない為、債務整理を選ばれます。

元々収入面で余裕がある事が多いので、金利の引き下げと毎月の返済額が下がれば、簡単に返済できる方も多く居られます。

私も公務員の経験があるのでわかりますが、公務員になると堅い仕事の為、ストレスが溜まり易くなってしまい、浪費してしまう事があるのです。

その浪費がストレス発散の為の給料の範囲内であれば良いのですが、段々と使う金額が増えてくるので、給料だけでは、返済が難しくなってきます。

ボーナスも多い職業なので、ボーナスでの一括返済も考えますが、手元にお金があると使ってしまうのが浪費癖なので、私の場合は結局は支払い不能に陥ってしまい整理する事にしました。

そして最後に、主婦の方。

最後に多いのが、主婦の方です。

特に専業主婦の方は時間に余裕があるので、お金を使ってしまう事が多く、返済も働いている訳ではないので、旦那様の給料から少しずつ返済するしか方法がありません。

旦那様の給料が少しでも下がってしまうと直ぐに返済不能に陥ってしまいます。

旦那さんに内緒のケースも!?

借金は旦那様に内緒にされている方も多く、返済が滞ってしまうと旦那様の職場に催促の連絡が行ってしまい、ばれてしまうので債務整理を選びます。

少額の返済が可能なので、旦那様には内緒で返済を続けて行く事が出来る点でメリットを感じられる様子です。

主婦の場合は共稼ぎされている方も中には居られますが、ほとんどは自分で働いていないので、返済が難しい状態に陥る方が多い様子でした。

まだ子供が小さく働くのが難しかったり、中には子供の進学の為に塾などの費用を借金して捻出されている方も居られました。

主婦の場合は自分の為にお金を使うのではなく、子供の為にお金を使う方が多く居られました。

特に私立を選択されると大金が必要になりますが、子供の将来の為にも私立に入れたいと考える方が多く、子供に期待を持っている様子でした。

私も子供は居ますので、子供にお金を掛けたいと言う気持ちはよくわかります。

将来の事を考えると確かに私立を受験させてあげたいと言うのが親の気持ちですが、借金をしてしまうのはまた話が変わってきますので、無理の無い自分の収入の範囲で教育を行う事が大事です。

子供が大きくなった時に親に苦労を掛けた事を知ってしまうと落ち込んでしまう子も居るかもしれませんので、出来る限り早めの返済を行い、人生設計のやり直しをするべきです。

この様に依頼者は様々な業種の方が居られます。

どの様な業種の方でも理由は様々ですが、少しでも早く返済をして楽になりたいと考えられている方が多数です。

もちろん私もその一人でした。

返済が終わると考え方も何もかも変わります。

早期返済を考えていたり、自力返済が困難な場合は専門家に依頼の上、早急に対応する事により気持ちが楽になるだけではなく、生活にもゆとりを持つ事が出来ますので、少しの勇気を出して相談して見て下さい。

特に真面目な方ほど、自力返済で長期間返済されている方が大奥、その場合は過払い金が出る可能性も考えられます。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です