このページの先頭です

多くの債務者はどんなきっかけで借金を始めるのか?

172views

投稿日:

あなたにも訪れるかも?借金苦に陥るきっかけを知っておこう

今は借金をしていない人も、もしかしたらこの先、借金苦に陥るかもしれません。借金に手を出すきっかけは、身近にゴロゴロと転がっています。そこで今回は、よくある借金のきっかけを集めてみました。あなたも決して他人事ではないはずです。

旅行費として

旅行へ行きたいけど旅費を払えない…。そんな時に「一時的に旅費を工面しよう」という動機から借金をする人もいます。

ご祝儀として

社会人になると色々な冠婚葬祭に顔を出さなければなりません。その中で特にお金がかかるイベントが結婚式です。結婚式が複数重なるとご祝儀で手元のお金がなくなってしまうため、借金する人がいるのです。

引っ越し費用として

引っ越しには想像以上のお金がかかるものです。敷金礼金、引っ越し業者に払うお金、住んでいた部屋のクリーニング代、新しい家具の購入、近所へのご挨拶のお土産など…。そのため、引っ越しの規模によっては100万円を超えることもあります。格安で引っ越しをする方法や、減らせる出費もあるのですが、不足分を借金で賄おうとする人もいるのです。

ギャンブル

借金のきっかけ中で、一番質が悪いのがギャンブルでしょう。ギャンブル施設には金融業者のATMが設置されているため、歯止めのきかなくなる人が多いのです。ギャンブルで作った借金をギャンブルで返すのは基本的には不可能なので、気軽に借金をしてはいけません。

些細なきっかけが大きな借金に|返せない場合は債務整理をしましょう

些細なきっかけで作った借金が大きな金額に膨れ上がってしまい、返済が厳しくなってしまった場合は、債務整理をして借金を整理した方が良いでしょう。債務整理をすることで、「こんなに減るの?」とびっくりしてしまうくらい借金が減額されます。そんな債務整理にはいくつかの種類があるので、一つずつ紹介していきます。

自己破産

返済額が0になる魔法のような債務整理です。「それなら今すぐ自己破産したい!」と思う方も多いでしょう。しかし、自己破産はできる限りしない方が賢明です。自己破産すると

  • 職業に制限が出る
  • 財産を差し押さえられる
  • 今後、借金できなくなる

といった、様々なデメリットが降りかかってきます。一人暮らしであれば自分だけが我慢すれば済む話ですがが、家族がいる場合は多大な迷惑をかけてしまうので、慎重に検討しましょう。

個人再生

債務整理の中で一番費用と時間がかかります。しかし、だからといって「それは嫌だな、個人再生は避けよう」と考えるのは早計です。個人再生の破壊力は抜群で、借金を最大1/5まで減額できる可能性があるのです。必ずしもここまで減らせるわけではないのですが、半分近くまで減らせたという前例もたくさんあるので、検討してみる価値はあるでしょう。

任意整理

債務整理の中で一番採用されやすいのが任意整理です。あまり高額ではない借金に効果的であるといわれています。任意整理は費用が安く済むため、手元にあまりお金がない人でも行うことができます。

任意整理をすることで、将来利息の支払いを免除してもらえます。元金はそのまま残るので、大幅に借金が減額できるわけではありませんが、利息分がなくなるのはかなり大きいはずです。

過払い金請求

利率20%を超えた利息は過払い金となります 。過払い金は取り返すことが可能です。戻ってきた過払い金を借金の返済に回してしまえば、借金を大幅に減額することもできます。過払い金請求によって大金が返還され、返済が一気に終了してしまうケースもあるほどです。その上、お釣りまで返ってくることがあるため、大変魅力的な債務整理となっています。

気になる方は、借金の返済シュミレーターなどを利用して、過払い金の有無をチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です