このページの先頭です

旦那が借金をしていた!どんな話し合いが必要?

92views

投稿日:

旦那が借金をしていた!どんな話し合いが必要?

家族に借金を内緒にしている人は意外と多く、配偶者にすら黙っている人も少なくありません。

旦那が妻に隠れて借金していることが発覚したら、妻の立場として大きなショックを受けるでしょう。

場合によっては離婚を考える人もいるかもしれません。

ここでは旦那が妻に隠れて借金をしていたと発覚したとき、どういった対応が必要なのかや夫婦間ではどのような話し合いが必要なのかを説明します。

 

夫婦でしっかりと話し合いを

旦那の借金が発覚した際に重要なのは話し合いです。

できるだけ感情を抑え、冷静に対応する必要があります。

話し合いをする際も、なぜ隠していたのかには触れずに何のための借金なのか、総額はいくらなのか、いつから借金をしていたのか、家の財産には手を付けていないかなどを確認しましょう。

隠していた理由を聞きたくなる人もいるかもしれませんが、掘り下げてもあまり意味はありません。

借金に対する悪感情から隠していることがほとんどです。

中には隠していた理由を尋ねられると不機嫌になり、話し合いが進まないこともあります。

必要最低限の情報を確認し、問題解決のために動くことが重要です。

 

借金が発覚した際に確認しておきたいこととは

まずは借金の原因となった理由を確認しましょう。

生活費が足りなくなった場合や突発的な入院などで一時的に借金をしている可能性があります。

そういった家族のための事情であれば今後の生活プランを家族で話し合うことが重要です。

また、中にはギャンブルや交遊費、浮気などが理由の借金もあります。

そういった場合は原因を排除する必要があり、やはり夫婦間の話し合いが重要となるでしょう。

原因がはっきりしたら、借金の総額を確認が必要です。

金額によっては今後の生活方針が大きく変わってきます。

多額なら弁護士などの専門家に債務整理を依頼する必要が出てくるかもしれません。

金額を確認する際にいつから借金をしているかも確認しておいた方が良いでしょう。

時期によっては過払いが発生しており借金額が減額または返済される可能性があります。

さらに、借金が発覚した際は家の財産を使い込んでいないかを確認することも重要です。

借金を貯金や生活費から返済している可能性があります。

今までの返済方法や家財に手を付けていないかをきちんと把握し、今後の返済方法を検討することが大切です。

 

借金発覚後は旦那の金銭管理を徹底する

ギャンブルなどの遊びが理由で借金をする人は同じことを繰り返す可能性があります。

せっかく返済しても追加で借金をされては意味がありません。

再び借金をする可能性を防ぐために、旦那の金銭管理は妻がきちんと行いましょう。

お金の支出を管理するだけでなくキャッシングなどで新たな契約をしていないかの確認も大切です。

キャッシングなどの会社の中には身分証だけで簡単に借りられる会社もあります。

しかし、キャッシングの多くは契約時にカードが作られることが多いです。

新たに契約を行っていないか、定期的に服やカバン、財布などを調べる必要があるでしょう。

 

債務整理を検討する

旦那の借金が発覚したら「離婚」を考える人もいるでしょう。

しかし、理由や金額によっては離婚するほどではないことも少なくありません。

借金は個人契約になるため、夫の借金を妻や子どもが返済しなければならないという義務はありません。

また、夫の借金が理由で妻や子どもの財産が取り立てられる心配も不要です。

債務生理を行うことで妻や子どもの生活は守られます。

債務整理とは借金の内容を整理するための手続です。

債務整理を行うことで借金を減額や支払いに猶予を持たせるといったことができます。

債務整理で行う手続きは過払い金請求や取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利に金利を引き下げて再計算などを行う任意整理などです。

また、減額された借金を分割して返済していく民事再生や自己破産なども債務整理に含まれます。

債務整理を行ったからと言って、その後に得た収入や財産を強制徴収されることはありません。

旦那が再び借金をすることがなければ債務整理で借金の問題の多くを解決できます。

 

旦那ときちんと借金の話し合いを行って解決に努めよう!

旦那が自分に隠れて借金をしていたと発覚すれば、慌ててパニックになる人もいるかもしれません。

中には離婚しようと思う人もいるでしょう。

夫婦間でしっかりと話し合い、今後の生活プランや借金の返済方法を話し合うことが重要です。

弁護士の無料相談などを利用することもできます。

家族内で解決できないのであれば利用してみてはいかがでしょうか。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です