このページの先頭です

夫が500万円の借金を作ってしまった時にどう対応すればよいか

73views

投稿日:

夫が500万円の借金を作ってしまった時にどう対応すればよいか

配偶者である夫に500万円の借金が発覚したら、どうすればよいでしょうか。

高額な500万円の借金返済は、決して楽な事ではありませんが、計画的に無理のない返済を続けていけば、数年での完済も可能です。

借金完済に向けて、どのような取組みを行っていけばよいか、気を付けておきたい点は何かなど、詳しく紹介していきます。

 

借金にはいろいろな種類がある

夫が借金を抱えるケースは、ギャンブルや浪費癖などの一面だけでなく、一戸建ての購入に失敗し売却損を被ってしまう場合もあります。

一戸建て住宅のような高額商品で売却損が出てしまうと、500万円程度の借金はあっという間に起きてしまいます。

主婦の立場として、借金を毎月返済していくことは、家計を圧迫させるため決して楽な事ではありません。

大事なことは、借金完済に向けての年間スケジュールを立てて、計画通りに粛々と返済していく計画性を持つことと、必ず借金を完済させる、という強い意志を持つことです。

 

毎月いくらまでなら返済できるのかを検討する

無理なく計画的に借金を返済していくためには、月々いくらまでなら支払いが可能なのか、日常生活に支障をきたさない程度の返済プランを立てていくことが大切なポイントです。

無理のない返済プランを立てるには、夫や主婦の収入源全てを明らかにした上で、支出の上限額を決めて一定の返済額を確実に払えるようにしておくことが重要です。

家計から出ていく支出には、家賃やガス代、電気代や通信代など毎月かかる固定費と、日用品費や医療費、被服費や教育費など日々の暮らしに必要な生活費、レジャー費や外食費、お小遣いなどの変動費があります。

直近数ヶ月の支出総額を明らかにすることで、どのような費目にお金を多く使っていたのか、傾向を知ることができます。

無駄に使っているものはないかどうかを分析することが、支出を抑えるためのポイントの一つです。

 

固定費の削減を第一に考える

今まで自由に購入できていた嗜好品やレジャー費を、借金返済のためだけに我慢するのはストレスをためる要因となり、精神衛生上決して良いことではありません。

ストレスをためず、無理のない範囲で返済を続けていくには、固定費を減らして家計をスリムにし、財布の中にお金を入っている状態を保つことが重要なポイントです。

固定費の中で、携帯電話などの通信費を節約したい場合は、日々の使い方を見直して契約内容を適切なプランに変更します。

水道光熱費を節約したい場合は、基本料金の安いプランに変更できないか検討するとともに、無駄にガスや電気を使っていないかどうか、日々の生活にもメスを入れていきます。

どうすれば借金を返済できるのか真剣に考えることで、生活習慣をスリムにすることができ、固定費を削減させることが可能です。

 

借金に至った根本原因を突き止める

借金の種類によっては、浪費癖やギャンブルなどのお金の誘惑に負けて借金額が増えていくケースもあります。

現在の状況に至った原因は何か、多くお金を使ってしまったことを真摯に反省することで、借金完済に向けての糸口を見つけることができます。

なぜ損をしてしまったのかを理解することで、自身の経験を知識として蓄積され、結果的にプラスの財産に変えられます。

なぜあの時にお金を使ってしまったのか、気分を高揚させたいからなのか、イライラを解消させたいからなのかなど、根本原因を突き止めていくことで省みることができれば、新たな借金を作るリスクを低減できます。

 

夫が作った借金500万円を誰に相談すればよいか

夫が作ってしまった500万円の借金を少しでも減らしたいが、具体的にどうしたらよいか、どこに相談したらよいか分からないことがあります。

専門家の弁護士や法律事務所に相談したいが、どのようにコンタクトを取ったらよいか困っているのであれば、当サイトで紹介している弁護士に無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です