このページの先頭です

逆ギレされずに夫の借金問題を解決する方法とは?

77views

投稿日:

逆ギレされずに夫の借金問題を解決する方法とは?

夫が借金を抱えていることに悩んでいる方もいるでしょう。

借金は早めに対処しなければ、負担が大きくなるばかりです。

しかし、夫に借金のことを聞いて逆ギレされないか、不安のある方もいるかもしれません。

ここでは、逆ギレされずに借金問題をうまく解決する方法をお伝えします。

借金にお悩みの方は是非参考にしてみてください。

 

現状把握としてチェックすべき内容

その1「借金の額をチェック」

夫に借金がある場合、借金について詳しく知るためにも、まずは二人でよく話し合うことが大事です。

現状把握として、まずは借金がどれくらいあるのかチェックしましょう。

人によっては、話し始める前から苛立ちがあり、強い口調で意見したくなる方もいるかもしれません。

しかし、その口調がかえって夫を逆ギレさせる場合もあるので、注意する必要があります。

強く言いたい気持ちは我慢し、優しくゆっくりとした口調で話し合うようにしましょう。

また、借金の額を聞いてから、冷静を保てなくなることもあるかもしれません。

その場合でも、心を落ち着かせるよう努め、いくら借金があるかだけしっかり頭に入れておいてください。

 

その2「借金の理由を聞く」

借金の金額を聞いた後は、なぜ借金をすることになったのか、その理由を夫に聞いてみましょう。

借金の理由が一時的なものなのか常習的なものなのかで、その後の対応のしかたが異なります。

例えば、病院の治療費や車の修理費を払うために借金した場合、一時的なものなのでそれほど悩まなくてもよいでしょう。

一方、風俗やギャンブル、お金のかかる趣味が理由で借金をした場合には、気をつけなければなりません。

そのうち、風俗やギャンブルなど常習性のあるものは特に気をつけましょう。

理由を聞いて、怒りが強くなる方もいるかもしれません。

ですが、イライラしても借金問題の解決には繋がらないので、借金の額を聞くのと同様、優しい口調で話すよう心がけてください。

 

その3「借金を始めた時期の確認」

借金を始めた時期を知るのも、現状把握として重要なことです。

時期を知ることで、夫がいつから金銭面で悩んでいたのかを確認できます。

さらに、利息により借金が増えているかの確認にもなります。

仮に、一年以上も前から借金をしている場合、借金が大きく膨れ上がっている可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、銀行よりも消費者金融の方が金利が高くなるケースがほとんどですが、どちらであっても早く返済しなければ利息はさらに高くなります。

また、月々の返済額は、どこで借入を行っているのかで変わってきます。

返済状況を確認するため、返済履歴や明細がないか夫に質問してみてください。

もし確認がとれない場合には、借入先のホームページを通じて返済状況が調べられる場合があります。

よって、夫にそのことを話し、返済状況をチェックしてもらうよう頼んでみましょう。

 

借金の理由をもとにどう対処すればいいのか?

お金を借りた理由が一時的なものであれば、自分の貯金から代わりに返済するのも一つの手です。

ただし、全ての方がお金に余裕があるとは限りません。

その場合、親戚や両親など身内に事情を話し、返済できるだけのお金を準備しましょう。

一方、風俗やギャンブルなどが借金に絡んでいる場合は、肩代わりするのは控えてください。

代わりに借金を返済してしまうと、それに味をしめて再びやってしまう恐れがあるからです。

仮に、夫がギャンブルから抜け出せそうになければ、病院を利用するのも良い方法です。

病院の中には、ギャンブル依存症の専門外来を取り入れているところもあります。

ですから、依存症の疑いがある場合には速やかに病院へ行きましょう。

また、借金の額がいつまでも減らない場合、弁護士に相談するのも良いやり方なので、一人で悩まずに弁護士事務所を利用してみてください。

 

夫の借金問題を解決するためにもパートナーがしっかりしよう!

夫に借金があるとわかって、冷静になれない方もいるかもしれません。

ですが、パートナーがしっかりしなければ、夫の借金問題を解決することは困難です。

よって、平常心を保ちつつ、借金のことを夫に聞くようにしましょう。

また、一人で抱えきれない場合は、ギャンブル依存症の専門外来のある病院や、弁護士に相談するのも良い方法です。

夫の借金問題に悩む方は、以上のことを今後に活かしてください。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です