このページの先頭です

【債務整理】と【おまとめローン】、どちらにすべきか迷ったときの判断基準とは?

311views

投稿日:

債務整理とおまとめローン、どちらが良い?

借金の返済が途中で厳しくなることは誰にでもありえることで、今は大丈夫でも将来のことはわかりません。

ローンを組むときは誰しも返済不能になることは考えておらず、問題なく返済できると思っています。

しかし返済能力は安定するものではなく、収入そのものが将来的に増えるという保証もありません。

度重なる出費によってローン返済が厳しくなる可能性は誰にでもあると言えるでしょう。

良くあるケースとは?

多くの人が選択するもの

お金が足りなくて困ったときはキャッシングを利用する方が多く、最近は銀行のキャッシングが人気となっています。

消費者金融より低金利で実質年率は15.0%以下のところが多いですが、長期的に借入するとなれば利息はかなりの金額になるでしょう。

返済できない借金を抱えてしまう理由として借りすぎがあり、これは自主的に抑えることができます。

とは言っても現実的にはついつい借りすぎてしまう場合は多く、いずれ返済が厳しくなる可能性は誰にでもありえます。

節約を試みることに

返済が厳しくなったときは、多くの方が節約を試みることになるでしょう。

家計管理をしてムダを洗い出していくことも大切で、それによって完済が可能になるかもしれません。

ローン延滞をしていないなら

金利が1%下がるだけで返済がぐっと楽になる?

ローン延滞をしていない状態ならおまとめローンに申込して利息を抑えるという手もあります。

借入総額がかなり多い状態なら1%の金利が下がるだけでも、返済はぐっと楽になるでしょう。

借入総額が100万円を超えている方ならおまとめローンを検討するのがおすすめです。

ローンを一本化して返済を楽にしてくれるメリットもあるので、借入先が多くて返済が面倒という方も検討してください。

おまとめローンで良くあるケース

一般的におまとめでよくあるケースとしては消費者金融から銀行または信用金庫のローンへの乗り換えです。

うまくいけば実質年率で3%以上も低く借入することも可能でしょう。

おまとめローンでは厳しいケース

おまとめローンは利息を抑えるために大切ですが、債務が相当に大きくなってしまうと対応は厳しいです。

そうした場合は債務整理を検討する必要があるので、弁護士に相談をしてみましょう。

ローン返済がちょっと厳しい程度ならおまとめするのもありですが、債務が膨らんで利息を相殺するのも厳しいという状況なら、債務整理でないと厳しいと言えます。

一度返済シミュレーションをしてから、どちらの方法にするか決めてください。

大切なのは「完済」というゴールを見ること

大切なのは完済ができるかどうかであり、今は返済ができても将来的に行き詰まるなら弁護士に相談する必要があります。

相談をすることで過払い金の発生が判明し、ブラックリストに載ることなく借金を解決できる人もいるのです。

借金の返済が滞るとすぐに取立てが始まりますが、一時的な延滞で終わるなら返済日を伝えておけば納得してくれることが多いです。

ただし数週間の遅れになると取立てが厳しくなり、一括請求をされるリスクも生じてきます。

延滞を解消しないと遅延損害金が発生するので今以上に返済は厳しくなり、雪だるま式に債務は膨れ上がっていくでしょう。

延滞を解消できない借金はすでに自力返済が無理な状況にあると言えます。

この状態から自力返済を成功させる人もいますが、現実的に収入を今以上に増やさないと無理があります。

節約はこれ以上はできないし収入も増やせないという状況なら、早めに弁護士に相談するのがおすすめです。

支払いがピンチになってから相談するのは遅すぎる!

弁護士に相談するタイミングは返済不能だと感じたときですが、ほとんどの方は今月分の元金・利息の支払いができない状態になってから相談しています。

早く相談をしたほうがよい理由は、債務整理の選択肢が多く用意されるからです。

最悪の場合は「自己破産」しか選択肢が無い状態に

本当に追い詰められてしまうと自己破産しか選択肢がなくなる場合があります。

もっと早い段階なら任意整理で解決できる可能性があるでしょうし、そうなれば官報や破産者名簿に掲載されることはありません。

任意整理は整理したいローンを自由に選択できるメリットがあり、例えば連帯保証人付きのローンは除外できるわけです。

自動車ローンの場合は実質的に有担保ローンとなるため、自己破産をするとクルマを手放すことになります。

任意整理のメリットはこうしたローンを除外し、キャッシングやカードローンの整理だけできることです。

借金は膨らんでしまうほど解決が難しくなるので、早めに弁護士に相談する必要があるわけです。

過払い金が発生している状況においても、放置しておくのはよくありません。

過払い金には時効が存在しており、最終契約から10年後に時効を迎えて回収できなくなります。

例えば過去にグレーゾーン金利で借入をしており、9年前にすべての完済をしたとします。

この状況では1年後に10年に達して時効になり、過払い金の回収はできなくなります。

過払い金が発生している方も今すぐに弁護士に相談してみましょう。

過払い金請求のメリットは自己破産に該当しないため、個人情報に影響しないことです。

つまりブラックリストに載ることはないので、過払い金請求をしたあとに他社のキャッシングに申し込むことも可能となります。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です