このページの先頭です

忘れてませんか?債務整理は想像以上にお金がかかるのです

164views

投稿日:

「債務整理はお金がかかる」ということを忘れてはならない

債務整理をすれば借金の返済が楽になると聞いて、興味を持っている人も多いと思います。しかし、その点だけに注目していると、思わぬデメリットに足を引っ張られてしまうかもしれません。なぜなら、債務整理はお金をかけなければできないことだからです。発生する費用として代表的なものは、債務整理を手伝ってもらう弁護士に支払う弁護士費用です。

しかも、債務整理は必ずしも成功するとは限らないため、「弁護士費用だけ支払って借金はそのまま」ということも十分にあり得ます。そこで今回は、債務整理にかかる弁護士費用に迫っていきたいと思います。

任意整理と過払い金請求をした場合の弁護士費用

任意整理は、将来利息をカットして、元金のみの返済に切り替えられる債務整理です。また、過払い金請求では、支払い過ぎた利息を取り戻すことができます。この2つの相場はほぼ同じなので、まとめて紹介していきます。まず、必ずかかる料金として挙げられるのは

  • 手数料:3万円~4万円
  • 事務手数料:2万円~4万円

これにプラスして、成功報酬や相談料、着手金も発生する場合があります。しかし、着手金や相談料は無料となっている弁護士事務所も多いです。なるべく弁護士費用を抑えたいのであれば、無料になる項目が多い弁護士事務所を頼るのをおすすめします。

個人再生の弁護士費用

個人再生をすれば、最大で5分の1まで借金の減額が見込めます。ここまでは減額できなかったとしても、半額近くまで減額できたという人もたくさんいます。そんな個人再生で最低限かかる費用は次の通りです。

  • 収入印紙代や切手代:2万円~3万円
  • 弁護士費用:30万円~50万円

特に事前確認しておきたいのは、これらの費用の中に着手金や成功報酬金、相談料がどれだけ含まれているのかです。事務所によってはこれらとは別に請求してくる場合もあります。

自己破産の弁護士費用

自己破産は、借金を返済することが完全にできなくなってしまった人が行う債務整理です。返済の権利を全て放棄することができます。自己破産で最低限必要とされる費用は以下の通りです。

  • 収入印紙代や切手代:1万円前後
  • 破産管財人報酬:30万円~50万円位
  • 弁護士報酬:20万円~40万円

この場合も相談料や着手金の別途払いは確認した方が良いでしょう。ちなみに没収する財産が少ない場合は予納金として3万円くらい必要な場合もあります。

弁護士費用は一括で払わないとだめなの?

ここまで紹介してきた弁護士費用を見てみると、結構な金額が必要になりそうですよね。そうなると「一括で払わなければならないのか?」という不安がよぎると思います。しかし、ご安心ください。

これらの弁護士費用は分割支払いで大丈夫です。弁護士側も債務整理を検討している債務者から一括で支払ってもらおうとは思っていません。ただし、自己破産の手続きを行う前に、どのくらい分割払いに対応してくれるのかは確認しておくようにしましょう。

弁護士費用を節約して債務整理する方法はあるのか?

弁護士費用は分割で支払っていけるとしても、「こんなに払わないといけないのなら、債務整理したくないな」と思う人も多いかもしれません。弁護士費用を節約して債務整理する方法はあるのでしょうか?

過払い金請求と任意整理は弁護士がいなくてもできる場合がある

大変な作業にはなりますが、任意整理と過払い金請求は弁護士がいなくてもできる場合があります。この2つの債務整理は裁判所を介さず、債務者と金融業者との示談交渉のみで行うことができるため、弁護士に依頼する必要もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です