このページの先頭です

夫の借金が発覚した時、子供がいる妻がとるべき対処法は?

76views

投稿日:

夫の借金が発覚した時、子供がいる妻がとるべき対処法は?

子どもがいて幸せな家庭生活を送っていると思っていた矢先、夫に借金があることが発覚すると愕然としてしまいますよね。

何のために使ったかや借金の額によっても違いますが、離婚を考える妻も多いでしょう。

ただ、子供がいる場合は、解決できればやり直しをすることも可能です。

ここでは、子どもがいる家庭での、夫の借金の対処法についてまとめてみました。

 

借金には一時的なものと常習的なものがある!

夫が真面目に仕事をしていると思っていたのに、突然借金をしていることが分かれば、目の前が真っ暗になる気持ちです。

特に子供がいると、軽はずみなことをした夫に怒りが湧いてきますよね。

ただ、借金には一時的に借入をしたものと、常習的に繰り返すものの2つに分けることができます。

前者は、給料日前でお小遣いがピンチなのに、同僚の誘いが断われなくてお金を借りてお酒を飲みに行ったなどです。

後者は、もともとギャンブルなどの浪費癖があり、借りてでも遊びたいと考えているのでやっかいです。

妻にもこの性格がある程度分かっていることが多く、結婚して子供ができれば落ち着いてくれるだろうと、夫を信用する妻も少なくありません。

ただ、お金の価値観は、一つ屋根の下で暮らしていても夫と妻では全く違います。

結婚前から遊びなどでお金を借りるような人であれば、結婚後も借金をする確率が高くなります。

 

借金が発覚するよくあるケースとは?

夫の借金が妻にバレるケースで最も多いのが、消費者金融からの電話です。

返済が滞ると、必ず督促の電話が自宅にかかってきます。

また、夫の携帯電話をチェックしている時に、見覚えのない番号からたくさん着信があり、聞いてみると消費者金融からの電話だったということもあります。

その他に、督促状が自宅に送られてきたり、書類を整理していて貸金業者の契約書を見つけたなどのケースがあり、どれも借金を滞納して行動に移されているので、夫の借金返済はかなり厳しい状態だと言えます。

この際気になるのが、自宅に消費者金融からの取り立てが来て、借金の返済を迫られたり、近所に迷惑がかからないかということです。

結論から言うと、夫の借金は夫が返済するもので、妻や子どもには法的に返済の義務はありません。

消費者金融側も、迷惑行為や暴力沙汰を起こせば警察に捕まることは知っているので、無茶なことはしません。

仮に自宅まで押しかけて来たり嫌がらせの電話が鳴ったとしても、毅然とした対応をとることが重要です。

 

夫の借金が分かった時にすべきこと

夫の借金が妻にバレるケースで最も多いのが、消費者金融からの電話です。

返済が滞ると、必ず督促の電話が自宅にかかってきます。

また、夫の携帯電話をチェックしている時に、見覚えのない番号からたくさん着信があり、聞いてみると消費者金融からの電話だったということもあります。

その他に、督促状が自宅に送られてきたり、書類を整理していて貸金業者の契約書を見つけたなどのケースがあり、どれも借金を滞納して行動に移されているので、夫の借金返済はかなり厳しい状態だと言えます。

この際気になるのが、自宅に消費者金融からの取り立てが来て、借金の返済を迫られたり、近所に迷惑がかからないかということです。

結論から言うと、夫の借金は夫が返済するもので、妻や子どもには法的に返済の義務はありません。

消費者金融側も、迷惑行為や暴力沙汰を起こせば警察に捕まることは知っているので、無茶なことはしません。

仮に自宅まで押しかけて来たり嫌がらせの電話が鳴ったとしても、毅然とした対応をとることが重要です。

 

夫の借金が分かった時にしてはいけないこと

夫の借金は当然夫が支払うものです。

決して妻が肩代わりをしてはいけません。

特に借金癖があると、甘やかせば必ず同じことを繰り返します。

そしてもう一つ大切なことは、自分や子供の預金を守ることです。

借金をした夫の中には、妻や子供名義の通帳にも手を付ける人がいます。

自分と子どもの生活を守るためにも、預金の存在を知らせないなどの対策が必要です。

 

夫の借金への対応は全容を知ることが最も大切

子供がいる妻が、夫の借金を見つけた時の対処法でした。

やむを得ない借金なら妻の理解も得られるかも知れませんが、遊びで作った借金は妻や子供の幸せな生活を奪ってしまいます。

ただ、解決できる可能性もあるので、借金を見つけた時は冷静になり、全ての情報を夫から聞き出すことがとても重要です。

場合によっては債務整理をした方が良いこともあるので、弁護士などに相談するのも一つの解決方法です。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です