このページの先頭です

債務整理にかかる弁護士費用の中身を知っていますか?

158views

投稿日:

意外と細かく分かれている債務整理の弁護士費用

借金の返済が厳しく、自力で返していくことが困難になった場合は、債務整理をして借金を減額する必要があります。債務整理を賢く行うコツは、「取り返しのつかない借金になる前に、速やかに弁護士に協力してもらう」ことです。しかし、弁護士もタダで協力してくれるわけではなく、依頼時に弁護士費用が発生します。

さて、高額なイメージのある弁護士費用ですが、一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?そこで今回は、弁護士費用の中身について勉強していきましょう。ちなみに、これから紹介する料金はあくまでも相場です。弁護士事務所によって値段は変わってくるのでご留意ください。

相談料

相談料を免除している弁護士事務所も増えてきましたが、相談料が発生する場合は30分で5,000円が相場となります。初回は相談料免除となることが多いですが、2回目からは料金がかかる事務所もあります。相談してみた結果、「ここの事務所には依頼したくないな」と感じたら、無理に契約する必要はありません。他の事務所をあたりましょう。

実際、相談だけして契約には至らない債務者はたくさんいます。初回相談無料の事務所であれば、全くお金がかかりませんから、色々な事務所で相談をしてみましょう。

着手金

債務整理を依頼することが決まった直後に発生するのが着手金です。ちなみに、着手金を免除してくれる弁護士事務所も増えてきました。なるべく弁護士費用を節約したいのであれば、そういった弁護士事務所をあたってみましょう。着手金が発生する場合は、債務整理の種類によって金額が変わります。

  • 任意整理:2万円
  • 過払い金請求:2万円
  • 個人再生:30万円
  • 自己破産:20万円

成功報酬

債務整理が成功した後に支払う報酬金です。仮に、債務整理が失敗に終わった場合は払う必要はありません。ただ、何をもってして成功とするのかの判断が難しく、依頼人と弁護士間で揉める場合もあります。基本的には、「借金が減額できれば成功」になるのですが、債務者の中には「もっと減額できると思っていた。たったこれだけ減額されても、返済は楽にならない。

これでは成功とは言えない」などと難癖をつける人もいます。そのため、事前にどのくらい減額可能なのか、きちんと理解しておかなければいけません。成功報酬金は次の様な相場になっています。

  • 任意整理:2万円
  • 過払い金請求:2万円
  • 個人再生:50万円
  • 自己破産:40万円

着手金も成功報酬も、個人再生が一番高額になっています。つまり、債務整理の中で一番費用がかかるのは個人再生なのです。一方、最も安いのは任意整理と過払い金請求になります。料金相場をよく理解した上で、自分にとって最適な債務整理を考えてみてください。

まだまだある!その他の料金

弁護士費用にはさらに細かい分類が存在します。

印紙代

債務整理の手続きでは、色々な書類を作って提出しなければなりません。その時にかかる料金です。

経費

債務整理が本格化すると、弁護士は債務者の返済状況を確認するため金融業者へ足を運んだり、具体的なジャッジを仰ぐために裁判所へ足を運ばなければなりません。その時にかかる経費諸々がこれにあたります。

過払い報酬

過払い金請求が成功した時に発生する報酬金です。過払い報酬は、取り戻せた過払い金の20%程度が相場です。ただし、弁護士事務所によってパーセンテージは異なるのでこの限りではありません。

減額報酬

借金の減額が成功した時に支払う報酬金です。減額報酬の相場は、減額できた金額の10%程度となります。これについても、弁護士事務所によってパーセンテージが異なるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です