このページの先頭です

自己破産するとクレジットカードは持てないのか?

86views

投稿日:

自己破産するとクレジットカードは持てないのか?

生きていればお金は必要不可欠なものであり、時にはやむを得ない事情で借金をすることもあるでしょう。

債務整理の中で最も重い「自己破産」による制限

しかし、借りたお金を返すことができなくなると、最悪の場合は、いくつかある債務整理の中でももっとも重い自己破産をする以外に手段がなくなってしまいます。

自己破産となれば、結果的にそれまでの借金は0円になりますが、その後の一定期間はさまざまな制限の中で生活しなければならなくなるので注意が必要です。

例えば、クレジットカードがそうです。

破産すると信用情報に掲載される

債務整理前に持っていたものは当然ながら使えなくなっていますし、債務整理後の一定期間は作ることができなくなってしまいます。

これは、カードを作る際にカード会社が確認する信用情報に、債務整理をした情報が掲載されるためです。

自己破産をしたということは、借金をしたのに返済できなかったということですから、そのような人にカードを作らせては自分たちも回収できなくなるのではないかと思われてしまうのは当然のことといえるでしょう。

この信用情報は、JICC(日本信用情報機構)、CIC(指定信用情報機関)、KSC(全国銀行個人信用情報センター )などがあり、カード作成の申し込みを受けた会社は、これらの機関に問い合わせて返済能力について審査を行うわけです。

カード会社はいずれかの団体の会員となっていて、お互いに情報を共有することになっているのです。

作れない期間はカード会社によって異なる

とはいえ、一度自己破産をすると一生クレジットカードが作れないというわけではありません。

一般的には、自己破産から最長10年は作ることができないとされています。

というのは、JICC、CICは5年間、KSCは10年間、信用情報が残ることになっているからです。

つまり、申し込んだ金融機関がどの信用情報機関に問い合わせるかによって、クレジットカードが作れない期間が違うということになります。

クレジットカードを使い慣れている人なら、現金のみの生活にはかなりの不自由を感じるに違いありません。

日々のお買い物に使えないというだけではなく、電気代や水道代といった公共料金の支払いなども、すべて現金振り込みなどで行わなければならなくなるのです。

早く作るならJICCかCIC

もしも、少しでも早くクレジットカードを作りたいと思うなら、JICCかCICの会員の団体が発行するカードを選びましょう。

KSCであれば10年間待たなければなりませんが、JICCとCICなら、半分の5年間だけ待てばカードが作れるということになります。

ただし、カード作成には審査が必要であり、場合によっては審査で落とされる可能性もあります。

また、JICCやCICの会員というだけではなく、KSCの会員ではないことも確認しておく必要があります。

カード会社は複数の信用情報機関の会員であることも珍しくないため、3つとも確認しておくと安心です。

会員になっているかどうかは、それぞれの信用機関のホームページなどが確認できます。

破産時の債権者であった業者に申し込まない

また、出来るだけ早くカードを作るには、他にも気をつけなければならないことがあります。

それは、債務整理した時の債権者であった業者に申し込まないことです。

債務整理が行われると、その際に債権者であった業者にも情報が登録されますが、信用情報機関の情報が削除された後にも残っていることがあるからです。

さらに、審査基準の緩い業者を選ぶというのもポイントです。

審査基準というのは公開されないものですが、その内容はそれぞれの業者で独自の基準を設けているのだといわれています。

一般的に、大手の金融機関などはハードルが高めなので、中小規模の業者のカードを選ぶのがおすすめです。

他にも、早く作りたいからといって、いきなり何社もに申し込んではいけません。

というのは、信用情報機関には、債務整理だけではなく、カード作成の申し込みについても登録されるからです。

これは債務整理者だけに限ったことではなく、一度に何社にも申し込むと、よほどお金に困っていると見なされて審査に落とされてしまうことがあります。

この情報はだいたい半年間は残るので、1社に申し込んでダメだった場合の目安にすると良いのではないでしょうか。

先に審査の緩い会社で作って返済する手も

また、もしも、どうしても作りたいカードがあり、その会社の審査が厳しい場合は、審査のゆるい会社で作った後に申し込むと作りやすくなります。

まずは1枚カードを作成し、定期的に使用してきちんと返済するようにしましょう。

おすすめは携帯電話の分割払い

その際におすすめなのは、携帯電話の分割払いなどです。

すると、クレジットヒストリーと呼ばれる履歴が作られ、信用情報機関にも登録されていきます。

この履歴は非常に重要な意味を持っており、カード会社も申し込みを受けた際には参考にしています。

きちんと返済し続けているという情報を確認できるのと、まったく何の履歴もない場合とでは、審査する上では大きな違いとなるわけです。

本人も開示請求できる

そして、信用情報は本人も開示請求することができるので、ここぞというカード会社に申し込む前に自分で確認しておくのも良いでしょう。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です