このページの先頭です

借金問題を確実に解決する!任意整理の成功率を上げる4つのコツ

151views

投稿日:

返済できなくなった借金を任意整理で解決する

返済できなくなった借金を返済する手段として債務整理があります。債務整理の全体のうち9割の人が選択するのが「任意整理」による借金解決です。任意整理とは借金の返済が難しくなってしまった人が弁護士や認定司法書士を代理人に立てて、債権者である貸金業者と債務整理交渉を行い、借金を毎月無理なく返済できる金額に分割し直して返済しやすくする債務整理方法です。

任意整理は自己破産や民事再生など他の債務整理とは異なり、裁判所など公的な介入なしに成立します。任意の話し合いのみで債務整理手続きが成立するので、解決までの時間が短いというメリットがあります。

債務整理は基本的に、代理人を依頼した専門家に全てを任せてしまえば安心です。ただし、専門家に依頼したからといって任意整理が確実に成立する保証はありません。任意整理を成功させるコツをおさえて成功確率を少しでもアップさせましょう。

任意整理の成功率を上げる4つのコツ

早めに専門家に相談する

任意整理は借金が増えれば増えるほど債権者の同意を得るのが難しくなります。成功確率を上げるためにはなるべく早く専門家に相談しましょう。債務整理というと借金返済が行き詰まってから相談するものと思われがちですが、任意整理の場合は債務がゼロになるわけではないので、ある程度の返済能力がないと成立しません。

完全に返済が不可能になってからでは遅いので、毎月の返済が負担になり始めた段階で早めに専門家に相談するのがコツです。

信頼できる代理人を探す

任意整理は個人でも手続きできますが、ほとんどのケースで弁護士や認定司法書士を代理人に立てて手続きを進めます。代理人の能力次第で任意整理の成功率は大きく変わります。確実な成功を望むのであれば信頼できる代理人を探しましょう。

代理人を選ぶコツは実績と料金です。多くの任意整理を手がけて成立させてきた実績は実力の裏付けになります。経験豊富なベテランであれば安心して代理人を依頼できるでしょう。

料金に関しては安さも重要ですが、支払総額を明示しているかが選ぶコツになります。代理人を依頼すると総額でいくら支払えばよいのかが分かりにくく、料金を明示してくれない法律事務所は信頼に欠けます。多少高額でも、費用が総額でいくらになるのか明示してくれる法律事務所の方が信頼して代理人を任せられます。

仕事はきちんと続ける

借金の取り立てで会社に迷惑をかけたくないという気持ちは立派ですが、だからといって会社をやめてしまってはいけません。任意整理は返済継続を前提にした債務整理なので、定期収入がないと成功確率はグンと低下します。返済に追われる日々でも仕事はまじめに出勤し、確実な定期収入を確保しておきましょう。

もし職場に取り立てが来るようなことがあっても、債務整理手続きに入れば債務者からの請求はストップさせられます。請求や事務手続きなど全ての窓口は代理人に移行するので、仮に強引な取り立てがあった場合は、代理人を通じて債権者に中止を求めることができます。

返済期間の短縮や一括整理で成功率アップ

任意整理では交渉にもよりますが、基本的に3~5年の返済期間で債務整理後に残った借金を分割返済します。分割返済により毎月の返済負担は軽減されますが、より成功確率を上げたいのなら返済期間を短めに提案するのが効果的です。返済期間が短くなるほど債権者にとっては貸し倒れのリスクが低くなるため、合意成立の可能性も高まります。

家族からの借入などである程度まとまったお金が用意できる場合は、分割ではなく一括払いで任意整理することもできます。一括払いなら借金の圧縮額も大きくなり、合意成立の可能性はさらに高まります。

ただし、あまりにも経済的に余裕があると思われると任意整理に応じてもらえず、通常の返済を続けるよう要求されるリスクもあります。全財産をはたいて任意整理を申し込んでいることをアピールしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です