このページの先頭です

債務整理で任意売却をすると、車や家は二度と購入できなくなる?

168views

投稿日:

債務整理で任意売却をすると、車や家は二度と購入できなくなる?

債務整理は借金を整理すること

借金がある場合それを整理したいと思った時に行えるのが「債務整理」です。

債務整理を行うことで、借金を減額したり、支払いに猶予をもたせたりすることができるようになります。

債務整理にはいくつかの手続きがある

過払い金請求や任意整理、自己再生、自己破産などの手続きがあります。

住宅ローンは「任意売却」

住宅ローンが払えない時に、滞納が続くと債権者から一括返済を求められます。

日々の返済に困っている人が、一括返済をできるわけがありませんので、住宅ローンの残債や、売却後の引っ越し費用などについて物件を売却することで整理し、生活の再スタートをすることを「任意売却」といいます。

債務整理は、カードローンやキャッシングなどの借金に対して行うものですが、任意売却は住宅ローンのみに行われます。

「抵当権」債権者が建物を競売にかけてお金を回収する

債権者は、住宅ローンを払わない債務者に対して土地建物を競売にかけてお金を回収する権利があります。

抵当権と言われるものですが、この権利を使うと物件を競売にかけてお金を返してもらうことができます。

しかし、無理に競売にかけてしまうと様々な問題が出てきてしまうことも考えられます。

任意売却は債権者と債務者が話し合って行われる

そのため、自主的に不動産屋に売却することで、ローン残債を返済してもらうというのが任意売却になります。

強制的に行われるのではなく、債権者と債務者が話し合った上で行う手段になります。

そのため売却した後にも残ってしまったローン残債については、返済方法を話し合いで決めることができるというメリットがあります。

この話し合いを行えば、家は売却したとしても仕事に必要なため車は売却しない、という取り決めも行えます。

住宅ローンは3?6ヶ月ほど滞納すると「期限の利益の喪失」という状態になります。

ローンの一括返済を求められますが、ここで初めて任意で売却するか競売という話になります。

ブラックリストに名前が載るということ

売却する前には、期限の利益の喪失ということになっているためブラックリストに名前が載ってしまいます。

ブラックリストというのは、信用情報機関の「事故情報」というものに名前が記載されることをいいます。

事故情報とは、住宅ローンの滞納や賃倒れ、破産などの状態です。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などすべての金融機関のネットワークシステムはつながっているため、事故情報は全て共有されます。

つまり、債務整理や任意売却をするからブラックリストに載るのではなく、ブラックリストに載ったから行う必要が出てくるのです。

そこで気になるのが、一度任意売却をすると二度と家や車は購入できなくなるのか、ということだと思います。

ブラックリストに載るとローンが組めなくなる

ブラックリストに載っている時点で、保有しているクレジットカードは使えなくなったり、新規でクレジットカードは作れなくなる、キャッシングやカードローンの審査が通らなくなったり、ショッピングや住宅、自動車に対してのローンが組めなくなります。

基本的には、どんなローンであれ新しいローンは組むことができなくなるのです。

そのため、新しい車や家を購入したいと思っていてもローンを組んで購入するということが難しくなります。

自己破産の場合は、車を手放す必要がありますが任意で売却した場合には、車を手元に残すことはできます。

すでに自動車ローンがあるという場合には、自動車ローンをきちんと返済していれば一括返済を求められることはないとされています。

同じローンでも住宅ローンと自動車ローンは異なるため、自動車ローンをきちんと返済していれば、自動車ローンの債権者は一括返還を求める理由がないのです。

ただし、自動車ローンも滞納していると、自動車は引き上げられてしまい、債権者に対して引き渡す必要があります。

ブラックリストに載ってからの車の購入

ブラックリストに載っているうちは新たなローンは組むことができませんが、ブラックリストは永久に乗り続けるわけではなく5?7年後に抹消されます。

ブラックリストから情報が消えれば、新たなローンを組める可能性が高くなります。

また、条件によってはローンを組むことができるケースもあります。

車を購入する場合、新車か中古車かによって変わってくるため中古車ならローンで購入できることもあります。

ただし、金利が高めに設定されたり、支払総額が制限されることもあるため希望する車が手に入らないこともかんGなえられます。

そのため希望する車を手に入れるためには、できるだけ頭金をしっかり用意して借金総額自体を抑えることで希望する車を購入しやすくなります。

もしくは連帯保証人を用意するという条件出れば、その人の支払能力の高さによってはローンを組むことができる可能性があります。

家も同様にローンを組むことが難しくなります。

ローンを組めるとしたらブラックリストから情報が抹消された後のことで、それまではローンを組んで新しい家を購入するということはできなくなると考える方が無難です。

様々なデメリットがあるため、住宅ローンはきちんと返済計画を立てて支払い、債務整理や任意売却などを行わないようにすることが大切です。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です