このページの先頭です

債務整理すると家族や職場にどんな影響があるのか知りたい!

141views

投稿日:

債務整理をすると色々なところに迷惑がかかる?

借金の返済を楽にするために、債務整理を考えている債務者はたくさんいます。もしかしたら、今この記事を読んでいる方の中にもいるかもしれません。しかし、実際に債務整理をする前に踏みとどまってしまう人も多いといわれています。その理由としてよく聞かれる、「色々な所に迷惑をかけるかもしれない…」という不安について、今回は取り上げていこうと思います。

「家族と仕事先への迷惑」を心配している債務者が多い

債務者が債務整理を躊躇してしまう理由として特に多いのが、「家族への迷惑と仕事先への迷惑」です。今回は、その点について紐解いていきたいと思います。

債務整理が家族にもたらす影響とは?

債務整理を行うときに厄介なのは、「家族に黙って借金している」というケースです。家族が借金の事実を知っていれば、返済には協力的かもしれません。しかし、内緒にしていた場合は、ショックから口論に発展する可能性が高いでしょう。家族会議になることは必至ですし、最悪の場合は離婚に至る可能性もありますから注意が必要です。

家族に内緒で債務整理することは可能なのか?

結論からいえば可能です。しかし、これは特定の債務整理に限ります。具体的には、「任意整理」と「過払い金請求」は、家族に知られることなく債務整理できる確率が高いです。なぜなら、これらは裁判所を利用しない方法だからです。

裁判所を利用しなければ、こっそりと債務整理ができますから、可能であればまずはこの2つから検討すると良いでしょう。絶対に家族にばれたくない場合は、弁護士にその旨を伝えておくことがポイントです。そうすれば、弁護士も配慮してくれます。

家族が連帯保証人になっている場合はバレる可能性が高い

家族に内緒で借金している人の中には、勝手に自分の家族を連帯保証人にしている場合があります。この場合、連帯保証人に連絡が入る可能性が高いので、バレてしまうかもしれません。家族を連帯保証人にしたい場合は、きちんと話し合った上で本人の許可を得ましょう。

債務整理が仕事にもたらす影響とは?

続いては、債務整理と仕事の影響について見ていきましょう。

債務整理の手続き会社に知られてしまうものなのか?

「○さんが債務整理をしているようだ」という情報が、会社に知られる可能性はかなり低いです。なぜなら、債務整理をしても会社に直接報告が入ることはないからです。本人が口を滑らせない以上は大丈夫でしょう。しかし、注意しなければならない状況もあります。それは、「債務者が弁護士を使わず、自分の力で債務整理をする場合」です。

個人再生と自己破産は弁護士に協力してもらうのがベストですが、任意整理と過払い金請求は、弁護士の協力がなくても自力でできてしまう場合があるのです。したがって、弁護士費用を節約したい人の中には、自分でチャレンジしようとする人もいます。

しかし、債務整理は骨の折れる作業なので、仕事を休まざるを得ない日も出てくるでしょう。そして、会社を休む回数が極端に増えてくれば行動を怪しまれてしまいますから、そこからバレる可能性はあります。

「給料が差し押さえにあう」という噂があるけど本当なの?

これは自己破産をした時の話です。自己破産をすると、給料をはじめとした色々な財産を差し押さえられ、借金の返済にあてられてしまいます。しかし、自己破産以外の債務整理の場合は、給与が差し押さえられることはないので安心してください。また、財産の差し押さえもありません。

「絶対に仕事先にはバレたくない!」という人は、自己破産せざるを得ない状況になる前に、それ以外の方法で債務整理することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です