このページの先頭です

夫の借金と度重なる嘘!やっぱり離婚すべき?

122views

投稿日:

夫の借金と度重なる嘘!やっぱり離婚すべき?

夫がお金にだらしない人だと、様々なトラブルが発生する可能性があります。

結婚してから借金があることをカミングアウトされた、嘘をついて妻にお金を借りようとしたなど、トラブルの事例はたくさんあるのですが、そんな夫と関係を続けていると、痛い目を見るのは真面目にお金を管理している妻の方です。

離婚を考える際、妻が理解しておくべきことをいくつか挙げていきます。

 

貸したお金は返ってこないと思うようにしよう

銀行や消費者金融からの融資のように、お金を貸した証拠となるものや、返済をしていくと正式に契約した書類があれば話は別ですが、口約束で貸したお金は、基本的には返ってこないものと思った方が無難です。

もちろん、真面目な人やお金の管理ができる人であれば、約束の日までに借りたお金を返そうとするでしょう。

しかし、元々お金の管理が苦手な人や、あればある分だけ使ってしまうタイプの人は、借りたお金のことを忘れてしまう可能性があります。

貸したお金を返してほしいのであれば、貸す側も相手を選ぶことが大切です。

妻に甘えてお金を借りようとする夫もいますが、その際には、スムーズに借りられるように適当な嘘をついてくる場合があります。

「会社の上司が転勤になって、プレゼントを買うことになったから」や「どうしても行かなければならない飲み会があって」など、妻がお金を渡すのを拒否しづらいような理由をつきつけてお金を借りようとするので、妻はそれが本当か嘘かを見極めなければなりません。

もし、貸したものが返ってこなければ、それは妻の見極めが甘かったということでもあります。

夫ばかりを責めるのではなく、自分の甘さを認めて諦めることも大切です。

 

二度あることは三度ある

最初に「お金を貸してくれ」と言われた時は、仕方がないと貸してあげたとしても、それが度重なる場合は要注意です。

「二度あることは三度ある」ということわざがあるように、お金を何度も借りる人は、それが癖になっていますし、また、なくなっても借りれば良いという考えから、お金を管理しなくなります。

そんな人と生活をともにしていては、妻がどんなにやりくりを頑張っても損をするだけです。

家計のために貯金してきたお金に手をつけられる可能性もあるので、損をする前に縁を切るのも1つの手段です。

パートナーに対して情がある場合、なんとかやりくりすれば大丈夫だからと大目に見てしまう女性もいますが、それを一生続ける覚悟がなければ、大変な思いをするのは自分自身です。

借金癖のある夫に見切りをつけ、自分の身を自分で守るつもりで決意を固めることも、時には必要なのです。

 

別居をして離婚準備を進めていこう

いきなり離婚をつきつけても、それを受け入れてくれない夫もいます。

離婚はお互いの合意がなければ成り立たないので、話が前に進まないということもあるでしょう。

万が一裁判になったとしても、夫が離婚を認めない上に、離婚理由についての証拠が不十分だと、離婚不成立になってしまう可能性があります。

「お金にだらしない夫と別れたい」と思うのであれば、事を有利に進めるための準備をする必要があります。

まずは、夫と別居をしましょう。

別居をした事実があれば、離婚の話を前に進めやすくなりますし、夫の頭も冷える可能性があります。

そして、妻は夫のお金の使い方でどんな不満を抱いているのかを、証拠付きで具体的にしていくことが大切です。

例えば、借金をしてまでギャンブルをしてしまう場合、借金額だけではなく、いつギャンブルをしに行ったのかをメモしておいたり、パチンコ屋などに入る姿を写真におさめるなど、形に残る証拠を集めていきましょう。

夫が言い逃れできないよう様々な証拠を集めていけば、離婚はしやすくなります。

 

夫のためではなく自分のために行動することが大切

情があると、なかなか離婚だと言い出しにくい人もいるでしょう。

しかし、そのせいで人生を棒に振るのは損です。

しなくてもいい苦労をすることになるので、自分の今後にとってどんな選択が正しいのかをしっかり考えることが大切です。

お金がない夫に養育費や慰謝料を求めるのは難しいかもしれませんが、別れた後に払われるお金よりも、今持っているお金を、これ以上取られないようにするにはどうすれば良いかを考えた方が賢明です。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です