このページの先頭です

夫の借金発覚!親に話す?

104views

投稿日:

夫の借金発覚!親に話す?

夫が借金をしている場合にその返済を夫婦だけでするのか、親に相談するべきかで迷う人は少なくありません。

これは親が借金に対してどのような認識を持っているのか、協力的かどうかによっても異なってきます。

そこで、こちらでは借金発覚後に親に相談するか否かについて、ケース別にメリット等を踏まえながら見ていきます。

 

親に相談したほうが良い場合

親に相談したほうが良いケースというのは、親の協力が必要不可欠な場合がほとんどです。

例えば今後も返済を続けていく場合は、返済金の一部を親から援助してもらったり、生活のサポートをしてもらったりすることで計画通りに返していきやすくなります。

また、親に借金の保証人になってもらっているときにも相談するべきです。

夫が債務整理を始めると、債権者はすぐに保証人のところに支払いの請求をしますので、遅かれ早かれ借金発覚は免れません。

いずればれるなら、相談という形で早めに報告しておいたほうがショックも和らぎます。

親に相談するメリットは、隠し事をせずにすむので精神的な負担が減ること、場合によっては援助やサポートを受けられて債務整理がスムーズに進むことなどが挙げられます。

一方、借金をしたことが親に知られるため、親から金銭関係で信頼されにくくなる、手続きに関して口を出されるなどの可能性もあります。

 

親に相談する必要がない場合

親が遠方にいて債務整理に関して影響がない場合や、親に頼る予定がまったくない場合などは特に相談する必要はありません。

もちろん、報告として親に知らせておくことも可能ですが、借金発覚の可能性がなければ黙って手続きをしたいという夫も少なくないのです。

借金の内容がギャンブルや浪費の場合などは特に、親に話したがらないでしょう。

内緒で手続きができる例としては、自己破産や援助を受けずに行う個人再生、任意整理などが挙げられます。

裁判所や業者からの連絡も、親と別居していれば見つかる心配がありません。

親に相談せずに手続きを進めると、夫のみまたは夫婦間で判断できるため、手続きを進めやすくなります。

一方で、返済で苦しいときも援助が受けられないというリスクがありますので、無理なく返し続けていけるような計画を立てる必要があります。

 

親以外の相談先

借金の相談は、なかなか友人知人には相談できません。

債務整理に詳しい専門家に話を聞かなければ、手続きが失敗に終わる可能性もあります。

例えば、自己破産はギャンブルや浪費目的で借入をした人は利用できませんし、個人再生は毎月継続的に働いて収入を得ている人だけが利用可能です。

さらに、任意整理などは海千山千の業者と直接交渉しなければならず、自分に不利な契約をしてしまわないとも限りません。

そのため、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談して、場合によっては手続きを依頼する人がほとんどです。

専門家に相談をすると、自分が利用できる手続きを教えてもらえます。

そして手続きを依頼すると、家計表や給与明細などから生活を維持しながら返済可能な金額を割り出したり、引き直し計算や業者との交渉を代行したりとさまざまなサポートが受けられます。

裁判所や業者からの連絡も専門家の住所宛に届くため、親と同居していてもばれません。

親に内緒で手続きをしたい、あるいは親に打ち明けるときに事情を判りやすく説明してほしいなどの要望にこたえてもらえるケースも多いです。

 

早目の相談がおすすめ!

債務整理はいろいろな方法があり、債務者の状況によって最適な手続きも異なります。

自分でどの方法がベストなのかを判断するのは困難でしょう。

そこで、まずは当サイトで紹介している弁護士の無料相談を利用してはいかがでしょうか。

解決方法がわかると、親に相談するにせよ、隠しておくにせよ、具体的な対策が分かって作業を進めやすくなります。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です