このページの先頭です

借金を作る夫に悩む妻!借金させない方法とは?

105views

投稿日:

借金を作る夫に悩む妻!借金させない方法とは?

「いつの間にか夫が借金を作っていた」、こうした悩みを抱える妻は珍しくありません。

少額ならまだしも、金額が大きいと妻としても気が気ではないものですよね。

そのような夫を持つ場合、ここで紹介をする借金させない方法を実行してみるのが良いかもしれません。

効果的な方法で行動をすることで悩みの解消に繋がるはずです。

 

貸付自粛制度を利用する

夫が借金をする場合、すでにそれなりの策を講じているはずです。

そこで簡単に止めてくれる夫なら妻が悩むこともないでしょう。

しかし現実には止めてくれないことで悩みになっているものと思われますが、そこでおすすめなのが貸付自粛制度の活用です。

これは強制的に、借金をする際の審査に引っ掛かるようにさせるための制度であり、審査落ちをすることで借入ができなくなるというものです。

効力が発揮される理由は、信用情報機関に強制的に夫の情報を掲載させることができるからです。

そもそも借金をする際には、信用情報機関のデータベースにアクセスをし、「この人物に貸しても問題はないのか?」を調査します。

何も問題がないようなら借金ができるわけですが、もしもデータベースに掲載されている場合は要注意人物として審査落ちをすることになります。

貸付自粛制度というのは、このデータベースに強制的に掲載させる方法であり、夫は借りたくても借りられない状況に置かれるのです。

申請に関しては、法定代理人をはじめ、配偶者や二親等以内の親族などが手続きを行うことができます。

一定のハードルが設けられているものの、クリアできれば強力な予防策となってくれるはずです。

ちなみに本人による申請も可能ですので、できれば夫自身が行動を起こしてくれると安心ですよね。

ただ、この制度には短所もあります。

ひとつは確実に借金ができなくなるわけではないこと。

制限が掛かるのは一部のデータベースであり、もしも消費者金融が別のデータベースに加盟をしていると借金ができてしまうことがあります。

また、規模の小さい業者あるいは闇金ですと利用できる可能性があるため、夫がおかしなところに相談へ行くことも否定できません。

もうひとつ短所として、本人の意思なく手続きを行った場合、本人が取り消し手続きをすることで撤回ができてしまうことです。

したがって、夫に借金を止めたい意思がない場合ですと、上手く機能させることができません。

 

債務整理の手続きでブラックリストに入れる

借金させない方法としては、債務整理を行うのもひとつの手段です。

債務整理は文字通り借金を整理するための手続きですが、この手続きを行うとブラックリストに掲載されることになります。

正式には信用情報機関に載ることを指すのですが、借金に関する事故を起こした人物として情報が残るのです。

債務整理を行うと、約5年~10年は事故情報が残りますので、その間は借金をすることが難しくなります。

そして同時に借金を整理できるという点に大きなメリットがあります。

借金を重ねていると、返済が難しい状況に追い込まれてしまうこともありますが、法的な力によって返済を楽にしたり免責を受けたりすることができるのです。

貸付自粛制度の場合ですと借金を片付けることはできないですが、債務整理ならそれが可能ですので、到底返済をしていくことが難しい状況の場合はこちらを選択するのが良いかもしれません。

なお、債務整理は原則として本人が手続きをする必要があります。

したがって夫をその気にさせなければいけない点にやや難しさがあるとも言えます。

 

強力に借金にストップを!

夫に借金を止めさせるためには、正攻法で臨んでも効果がないことがあります。

そうした場合は、便利な制度の活用や法的な力に頼ってみるのもおすすめです。

なお、手続きに関しては弁護士が相談に乗ってくれますので、興味がある場合は当サイトで紹介している弁護士に相談をしてみてはいかがでしょう。

無料相談を受け付けているため気軽に悩みを打ち明けられますよ。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です