このページの先頭です

債務整理をしても住宅ローンは組めるのか?

252views

投稿日:

債務整理をしても住宅ローンは組めるのか?

借金の返済がどうしても出来なくなり債務整理を選んだ後に、住宅の購入を考えるということもあるでしょう。

住宅を購入するとなると、多くの場合には住宅ローンを利用することになりますが、債務整理をしても住宅ローンを組むことができるのかと心配になる人も多いものです。

種類別に見ていきましょう

任意整理の場合

債務の整理方法にも様々な種類のものが存在していますが、まずは任意整理による影響を考えてみましょう。

弁護士や司法書士などの専門家が債権者と交渉することにより、もしも過払い金があった場合には過払い金の返還請求を行い、さらには取り過ぎていた利息をカットすることによって、現在よりも毎月の返済額を低くしてもらうことを任意整理と呼びます。

任意整理を行う場合には、裁判所を通すことなく、弁護士や司法書士などの専門家と債権者が交渉することによって行われます。

任意整理をしたとしても借金を完済すれば住宅ローンには影響はないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、任意整理はよく考えれば、約束したはずの返済をすることができなかったということを意味します。

これは賃金業者には多大な損害であり、さらにその情報は信用情報機関に送られて、個人の信用情報に記載されることとなります。

この信用情報については、ほかの金融機関や消費者金融会社、クレジットカード会社なども閲覧することができ、これをもとに審査が行われるため、借金をしっかりと返済できなかったという情報が残っている場合には、多くの場合、住宅ローンという高額なお金を貸してくれるところはほとんどないと言えるでしょう。

任意整理の情報としてはほとんどの場合が5年から10年もすると、信用情報からは消えることとなります。

そのため信用情報が消えるくらいの期間が経過した後にローンを組むことによって、その時の年収や勤務先などの属性によっては審査に通る可能性もあるでしょう。

自己破産の場合

次に自己破産をした場合についてです。

自己破産とは裁判所が支払いが不可能であると判断し、それまでの借金がすべて帳消しにされるというものです。

これは法律で認められていることですが、賃金業者にとっては非常に嫌がられる行為であるといえます。

この情報についても信用情報機関に送られたうえで、ほかの金融機関も自由に閲覧し、審査の参考にすることでしょう。

しかし自己破産だからと言って、この情報を長期的に保存するようなことはなく、任意整理と同じようにその情報は5年から10年で消えるといわれています。

しかし自己破産をした時に、借金を帳消しにされた金融機関やそのグループの企業には内部でその情報が残っている可能性もあり、関連する企業からは今後二度とお金を借りることはできないでしょう。

個人再生の場合

そして個人再生を行った際の影響についてです。

裁判所に申し出を行い許可が下りた場合には、原則として債務を5分の1に圧縮してもらい、その金額を3年ほどかけて返済するのが個人再生です。

借金をすべて帳消しとする自己破産よりは良いといえますが、個人再生も大幅に借金を減らしてもらうことには変わりありません。

この場合にも任意整理や自己破産と同じように、信用情報機関には情報が記載されるため、ローンを組もうと思ってもほとんどの場合審査が通らないでしょう。

債務整理後に住宅ローンの審査に通過する方法

信用情報期間の情報が消えるのを待つ

債務整理後に住宅ローンの審査に通過する方法としては、まずは信用情報機関の情報が消えるのをひたすら待つという方法が挙げられます。

これらの情報があるうちは、審査に通ることはほぼないといえます。

それまではローンを組むことはあきらめて、年数が経過した後に自分の信用情報の開示請求を行って、債務を整理したという情報が消えているかどうかを確認してから、ローンの申し込みを行うようにしましょう。

住宅ローンの申込時に金融機関をしっかり選ぶ

そしてローンの申し込みを行う際には金融機関を選ぶ必要があります。

一定期間を経て信用情報に記載されている情報が消えたとしても、債務整理をした事実については、返済額を帳消しにされたり減額することになった金融機関やグループ企業は、その情報がこれから先もずっと残っていると考えておいた方がよいでしょう。

そのため債務整理により迷惑をかけてしまった金融機関には二度とお金を借りることができないので、住宅ローンを利用する場合の金融機関については、全く関係のない他の金融機関を選んだほうがよいでしょう。

クレジットヒストリーを作る

そしてローンの審査を通過しやすくするためにも、クレジットヒストリーを作る努力を行いましょう。

クレジットカードやローンなどの利用状況のことをクレジットヒストリーと呼んでいますが、債務整理の信用情報が消えたら、クレジットカードを作って利用して毎月しっかりと返済を行うなどと、クレジットヒストリーをつくりはじめると良いでしょう。

ローンの審査において全く信用情報がない人よりも、クレジットカードやローンなどを利用してしっかりと返済している事実のある人の方が評価は高くなるといえるでしょう。

 

いかがでしょうか。

もし、これから債務整理を検討しているのなら、住宅ローンを借りる予定があるかどうかを踏まえた上で、しっかり弁護士へ相談してくださいね。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です