このページの先頭です

債務整理は、司法書士と弁護士のどちらに依頼すべき?

50views

投稿日:

債務整理は、司法書士と弁護士のどちらに依頼すべき?

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類があります。

特定調停は、専門家に依頼する必要はない。

このうち、特定調停は自分で裁判所へ行って手続きをするので専門家に依頼をする費用はかかりません。

特定調停の最大のメリットは専門家に依頼をするコストを抑えることができるという点にあるので、むしろ専門家に依頼をしてしまったらメリットを活かせなくなってしまうかもしれません。

特定調停では調停委員の人がいろいろとアドバイスをしてくれるという点もあり、基本的には弁護士などに依頼をする必要はありません。

個人再生と自己破産は、弁護士に依頼する。

個人再生と自己破産では、地方裁判所が管轄となるので、司法書士では代理人になれません。

個人再生もしくは自己破産をするときには、弁護士に依頼をするのが一般的でしょう。

任意整理は司法書士か弁護士に頼む

債務整理のうち最も利用する人が多いのが任意整理です。

任意整理なら、認定を受けた司法書士でも代理人として債権者と交渉をしてくれます。

個別の借金額が140万円以下ならば、司法書士でも代理人になれる。

ただし、個別の借金の金額が140万円以下という条件もつきます。

「借金の金額が140万円以下」と解説をしているサイトもありますので、誤解をしている人もいます。

トータルの借金の金額が140万円を超えていても、個別の借金が140万円以下ならば司法書士に代理人となってもらうことが可能です。

例えば、3社から借金をしていて、それぞれ100万円、120万円、140万円を借りていたとします。

すると、合計の金額は360万円となるので条件を満たしていないと誤解をしてしまう人がいます。

しかし、個別の借金の金額は140万円以下となっているので、条件を満たしています。

司法書士よりも弁護士に頼んだ方がいい場合

別の例でも考えてみます。

3社から借金をしていて、それぞれ100万円、140万円、180万円を借りていたとします。

この場合、180万円を借りている会社については司法書士では任意整理の交渉ができません。

1つの方法として、100万円、140万円を借りている会社だけ任意整理をしてもらうということが考えられます。

しかし、ケースバイケースなので一概には言えませんが、この場合は全部まとめて弁護士に任意整理をしてもらったほうがメリットがあるでしょう。

任意整理は利息と遅延損害金を原則として全額カットしてもらうことができる手続きです。

借金の金利によってメリットが異なる

そのため、借金の金利によってメリットが異なってきます。

例えば、3社から借金をしていて、金利15%で100万円、金利14%で140万円、金利2.0%で180万円を借りていたとします。

金利2.0%で借りている180万円については任意整理をせずに、自力で返済をしていくという方法をとったほうがよいかもしれません。

ディーラーローンのように担保がついている借金の場合には、任意整理をすると担保権が実行されてしまいます。

ディーラーローンなら、任意整理をすると車は没収されてしまうでしょう。

連帯保証人がついている借金なども注意が必要です。

この場合、金利2.0%で借りている180万円の借金は対象から外し、金利15%で借りている100万円の借金と、金利14%で借りている140万円の借金だけを任意整理するのがよいでしょう。

180万円の借金を対象から外すのであれば、認定を受けた司法書士にも任意整理の依頼ができます。

過払い金がある場合は、先に過払い金返還請求を!

過払い金がある場合には、過払い金返還請求を先にすることになります。

過払い金の金額が140万円を超えている場合には、弁護士に依頼をするべきです。

一般的には、司法書士のほうがコストを節約できると言われています。

節約は司法書士、高額の請求や期間交渉は弁護士に。

同じ結果を出してくれるのであれば、料金が低い法律事務所で依頼をしたほうがよいでしょう。

債務整理の場合、それほど難しい手続きではないので、借金問題に強い法律事務所ならばどこも同じ結果を出してくれる可能性が高いです。

任意整理なら、利息と遅延損害金を全額カットしてもらい、残った借金を3年~5年程度で返済していくという和解を結ぶことになるでしょう。

しかし、人によっては残った借金を7年以上かけて返済していきたいという人もいるようです。

返済期間を延ばそうとするほど交渉は難しくなっていきますので、経験豊富で実績がある弁護士に相談をする必要がでてくるでしょう。

金融機関にも交渉すると和解できることも

私が過去に任意整理をしたときには、金融機関に電話をして返済ができないという事情を話したら、金融機関から「任意整理という手続きをしましょう」と提案してくれました。

まずは金融機関に払えないという事情を話してみると、専門家に依頼をしなくても和解をしてもらえることがあります。

一般的には、個人で交渉をすることは難しいと言われていますが、状況によっては応じてもらえる可能性もあるので、まずは自分で金融機関に相談をしてみるということも悪くありません。

しかし、借金問題は早い段階で解決をしたほうがよいため、自分で交渉をしようと粘ることはおすすめができません。

交渉をしてみてダメだったら、早い段階で債務整理に強い法律事務所に相談をするようにしましょう。

>> 当サイトオススメの弁護士事務所 <<
(事務所別の特徴などを解説)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です